川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

まだ学ぶことのある、この道の。

投稿日:

朝、先代の前川さんのご自宅に立ち寄って近況報告。

ある意味では、いま、自分がこの立場で頑張っていることを一番認めてくれる人たちで、
居心地良く話をすることが出来る。

結果を出すことが当たり前だとしても、時々は、拍手の中を歩きたいとも思う。

そんな、充電のための時間。
迷いを打ち消してくれた。勇気を与えてくれた。

ほんとうの父が亡くなってしまった今、自分にとって、父そのもので、母そのもので。

同友会、会議風景。

膝つき合わせる距離で語らう、最小単位(ブロック)の集まり。
全員から、疑問質問、意見や情報がたくさん飛び交う、これまでのどの会議よりも
熱い時間になった。

理論に、感情論(心理学)が伴って、帯の太い矢印が出来るのではないか。

どっちかだけでもダメ、どっちもなかったらもっとダメ。

経営者は、勉強をし続けるべきだと思うし、そのマニュアルに従って動くだけの人間に
ならぬよう、周囲の人間と目を合わせることもしていくべきなんだろう。

スピードをあげて、「いますぐ」行動をしていくことが肝要。

僕は明日から、何が出来るのか、何をするべきなのか。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

大鳴門橋。

到着。

no image

小さな複数形がもっと大きくなるために。

@病院 父は、回復のステージをさらに一段上がった。 固形の食事、車椅子でトイレ。積極的に身体を使おうとしている。 ピースサインをさせて、それを母と弟に写メール。 「3度目の正直というから、次に同じよう …

no image

汗と涙は青春、鼻水は風邪、そして松山千春。

流行に敏感な僕は、やっぱり大きなティッシュの山を築きあげ。 格闘しています、風邪のバカヤロー。 ちなみに、インフルエンザの予防接種は昨日受けてきました。 そして、会社用に加湿器も買ってきました。でも、 …

回顧、母を想って詠んだ短歌が大賞を受賞したこと

音符にすれば表現出来るような物事の流れのイメージがあって、その抽象的な危うい感覚を共感してもらえると、ますます言語性は失われていってしまう。だから欲しいと思うのだし、だからこれではいけないのだとも思う …

奈良に来たけど。

趣味の世界、トレインカフェ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly