川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

納品のそのときの、喜びの顔を楽しみに。

投稿日:

また、ご家族の一生の記念に残る本作りをお手伝いさせていただくことになりました。

自分史や記念史、句集や写真集など、「じぶん(たち)」を表現して残そうとされる方の
お手伝いが出来るのって、感慨深い仕事なのです。

いくつまで現役でこの仕事を続けられるかはわかりませんが、出逢える限り、気持ちを
こめて、「残る」喜びに携わっていきたいと思います。

出逢いに感謝。

お礼状も、一生懸命書きましたよ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕を優しくすることは、誰かに優しくなること

コンクリートの森を見上げると羊たち。 ひとの気持ちを優しくしてくれる景色は街にも必ず訪れて、たぶん、僕たちは気付かないままに毎日を浪費している。見上げてばかりいても置いていかれてしまうのだろうけれど、 …

no image

少しだけ言外に意味を添えて書いてみよう。

友人知人からの相談事。 占い師だって、つまりは相手の話を聞いてあげれば商売成立。たまっているものを吐き出させてあげて、ウンウンと頷いてあげる。 そして、最後の最後。 背中を押してあげるべきか否か。 こ …

no image

新しい水の中で、魚たちが泳ぐように。

朝、起きてすぐに熱帯魚の水槽の水を換えてあげました。 水質が安定している間は、1~2週間に1度、半分程度の水量を交換してあげるだけでいいのですが、時々は念入りに。 水を換えてあげた日は、魚たちも気持ち …

明石で一番可愛い犬(親バカ)。

うちの末っ子、ジュニアです。

刻むことばかりの幸せ。

火曜日、抗がん剤治療開始。治療のリスクに見合う効果を祈る。 「犬が笑う」という感覚は飼い主でなければ理解出来ないかもしれない。年を重ねて、じゅにあも難しい顔をすることが多くなった。今は「わがまま」とい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly