川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

中小企業IT経営力大賞の現地審査終了、次にすべきは。

投稿日:

床で寝ちゃうダメージが累積中、腰痛で始まる一週間。

色々と試してみたいことがあって、その仕掛け作りなど。
ただ、器を作ることばかりに勤しんでいても仕方がない、これじゃただのツール馬鹿。
器を埋めていくこと、走りだしていくことが目的であることを忘れないように。

中小企業IT経営力大賞の現地審査終了。

応募書類の書き方や実践内容など、高い評価をして貰うことが出来た。
こだわっている部分なので、認めて貰えることは素直に嬉しい。

書類にまとめて、客観的に評価してもらうことで、これまでとこれからを考える
いいきっかけになった。

経営者はブレる生き物、だから書くことは大切。

金曜日に藤井さんと参加したシゴタノ!セミナーでは、そのあたりの実践についても
刺激とヒントを得た。来年にかけては、同友会と離れたところでの組織作りも
挑戦してみたいと思っている。ブランド作り、そのために、埋めていくものを意識。

外を、未来を見るのもいい。

でも、足元は大丈夫だろうか。
社内には、解決しなければいけない、どんな積み残しがあるだろうか。

たくさんのチャンスを与えているつもり。

そのチャンスのうちの幾つかを生かせなかった理由についても、丁寧にさらって
いかなければ、成長は不完全なまま。

年末までの走り抜ける時間。

すこし、厳しくしていこうと考えている。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

感性と論理、想像と創造 ~楽器の音色で反応が変わる不思議

言葉でまとめきるよりも先に、感覚を感覚のままに吐き出して伝えていく。最近そんな打ち合わせが続いていて、新しい領域のような、初心に戻ったようなココロを抱くことができて楽しい。 — 西端康孝 …

星形のピノとウォシュレットから見える分母の世界

「星の形をしたピノによく出合えるんだよね」と語れば「なんぼほどピノばかり食べてるんですか」と言われるし、「今日は何処のトイレに行ってもウォシュレットじゃなかった」と愚痴れば「一日に何度用を足してるんで …

no image

無理をしすぎたあたりのシグナル

耳鳴りにもいくつか種類があるのだけれど、今日のそれは新しくて、部屋に雨や風が激しく打ち付けるうねりのような音をしている。騒がしいと思うだけのときもあれば、音の遠近が狂って眩暈と吐き気のすることも。心に …

電信柱に捨てられた生首(残酷!)。

何なんでしょかいったい!?

例えて言うならば、曙に立ち向かう園児のようで。

愛犬ジュニア。 公園で出会う何倍も大きな犬に対してさえ『友達になろっ!』とそばに。 可愛くて仕方ありませぬ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly