川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

一年に2度、タミフルさんのお世話になる男の憂鬱。

投稿日:

明け方、意識混濁。

救急病院に飛んで行って、その後再びかかりつけの病院へ。
その場で、新型インフルエンザが予想されるという診断。

「うちの病院で、大人は初めてだよー」

記録更新にガッツポーズを見せてみる場合でもない。

平熱に下がって以後48時間は外出禁止とのことで、
大人しく家で出来る仕事に注力することにした。

夜、咳喘息の症状。
30分以上咳が止まらなくて、また死ぬのではないかと
怖くなった。

咳をして苦しむお子さんには、どうか

「寝なさい」

よりも、座位のままで横に、そして優しく
背中をさすってあげて下さいますように。

今年、二月は季節性のインフルエンザ。
そして今、新型インフルエンザ。

流行に敏感過ぎて悔しい、布団からの更新。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕はきっと、ちゃんと火傷した人たちのことを羨んでいる

いま、だけれど、もう未来に動いていて、2017年のアレコレへ打診が続く。すこし先に意識が向くと、もう、ここいらあたりをもどかしく感じてしまうのは自分の良くないところだ。 種火のままに置き去りにしてしま …

線の上の太陽、明石の伝える昼休み。

山陽電車、人丸前駅。日本標準時、東経135度の子午線が通る駅。 太陽を、まっすぐ頭の上に見上げる頃が、日本全国、お昼ご飯。 僕は、やっぱり、この街が好きだから、きっと、やっぱり、忘れられないんだろう、 …

no image

職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像

あるイベントの打ち上げで、テレビ番組でも活躍されている女性タレントさんたちと飲みに行ったことがある。 場を和ませるトークは無論、食べ過ぎない程度にバランスよく食事を摂ってプロポーションを維持しようとす …

まだまだ陽は高い。

@明石の浦

no image

優先順位があってこその「目立つ」生存戦略

大きなイベントをやり終えて乗る終電は、とても広く感じられて不思議。ほっとした。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年11月29日 今年は人前で「話す」「教える」「笑い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly