雑記

佐藤秀峰さんのブラックジャックによろしくを読んで。

佐藤秀峰さんのブラックジャックによろしくを読み終えた。自分の職業だとか世の中との関わりだとか、また、病気や医療に対する偏見や先入観だとか。色々考えるいいきっかけになった。

コインがコインであるためには、表裏一体の概念が必要。そんな風に受け入れられるようになれば、衝突しやすい彼の人もまた、自分の存在のためには必要なのだと思えるようになるかもしれない。感情に支配されるその瞬間に、こんな風に考えるのはなかなか容易ではないだろうけれど。

特攻の島にしてもそうだけれど、佐藤秀峰さんの漫画は丁寧な描写が多くて、繰り返し何度でも読みたくなる。都度、考えさせられる。事実を誇張せず丁寧に表現するだけでも、読み手はその深淵を探ろうとするようになるんだな。

なお、ブラックジャックによろしくはkindleアプリなどで、iPhoneでもAndroidでも無料で読むことが可能。

Kindle 3.6.2(無料)App
ブック
AMZN Mobile LLC – AMZN Mobile LLC
+ iPhone/iPadの両方に対応