川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

さつま揚げと玉子とこの後の胃袋の予定と。

投稿日:


黒豚カツと、この後もう一度食べる予定の白熊。
そのあたりのボリュームを勘案しながら、

「食わねば」

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

五丁目。

バスクリン地獄。

神戸新聞文芸川柳『空港』

2ヶ月連続入賞。 『負けた日にジャンボを見せてくれた父』

no image

笑われると笑わせるの違いとは 〜自分と異なることは悪ではなく個性

プライドのないような振りをして生きていることも、また、その人が命とプライドを守るために選んだことなのだから、やっぱり僕たちは、人のなにかを簡単に笑ったり批判したりしてはいけないと思うのです。 笑われる …

ふあうすと川柳社で選者を務めること、同友会で報告をすること、同友会でマイクパフォーマンスをして暴れること

ふあうすと川柳社は、昭和4年に神戸に誕生した川柳結社。川柳六大家と呼ばれるうちの一人、椙元紋太によって結社された。前川企画印刷でふあうすと誌の編集と印刷を担っている関係で、同人の一人として参加するよう …

no image

トイレが長すぎる、というわけではありません。

強風、というよりむしろ暴風。 ビアガーデンは早々に引き上げてきました。あれじゃ風邪ひいちゃいますね。 会社宛に届くメールは携帯に転送されるようにしてありますが、サーバ上で迷惑メールははじく設定にしてあ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly