川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

生きるための必死、生かされるための必死。

投稿日:

月初め恒例のハガキ(川柳)の山との戦い。
肩こり必至です。

12月は、冊子制作の仕事がてんこ盛り。

その他また、他の会社さんのキャンペーンにタイアップする企画などもあり、
忙しさが加速しつづけます。

雑にこなすのではなく、一つ一つを丁寧に取り組むことを忘れないように。

現場では、みんなが水平な立場で、声を掛け合っています。
気持ちを込めるからこそ、来年もまた続くのだという姿勢、大事にしたいですね。

年明け、1~3月あたりの話も一気に決まり始めました。

色々な場所で必要とされています。
僕たちは、それに全力で応えるばかり。数字なんて、付いてくればそれでいいのです。

まだ必死、もっと必死。

感謝を忘れずに、全力疾走の汗、流し続けていきたいと思います。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

彦星の戸惑い。

 

no image

電話で終わらせてしまった10年以上の時間 ~想うのも勇気、背けないのも勇気

ピアノのレッスンに20年以上通い続けた。 そのうちの半分以上はずっと同じ先生に師事していたのに、大学生になるころはもう、レッスンもさぼりがちになってしまい、最後には「音楽の方向性が違ってきたので」とい …

no image

逝ってしまっても、9つの魂は。

父と母と弟と自分と。ジュリーとあさろうた、ぷーすけとぺぺ、そしてじゅにあ。 4人と5匹。 9つの魂のうち、5つはもう、向こうの世界にいってしまった。でも、今も昔も、変わらないままの温度で繋がっている。 …

スタジアム前ばんごはん。

イタリアンレストランGina。 いじいじ先生に教えていただいたお店です。気分転換、今日は雰囲気のいいところで食事してみることにしました。

no image

ひっくり返ってしまった亀はどうやって元に戻るのか ~助け合って生きていく

「頼まれごとは試されごと」という言葉については持論がある。 なにかを頼まれた側が、少し成長する自分のイメージを想い描いて動き出すときの言葉であって、何かを頼む側が便利に相手を利用するために使う言葉であ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly