川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

コミュニケーションの多様化する時代に – 僕が誰かを遠ざける理由。

投稿日:

インターネットが一般になる前、まだパソコン通信と呼ばれていた頃に、
僕はBBSやCHATを通じて、大人の世界を覗くのが大好きだった。

「あー、あのアンテナでパソコン通信っていうのをやるの?」

― それ、BSを観るためのパラボラアンテナだけどね。

blogのこと、twitterのこと。

可能性を含めて、色々な人に話をしている。

面白いよ、と言うこともあれば、役に立つよ、とも。
仕事に繋がる可能性だって言及する。

それを活かしている人もいれば、「よくわからない」という人もいる。

ならば、せめて。
そっとしておいてくれたらいいのに。

それぞれに居心地のいいフィールドを、なぜ、認めようとしないのだろう。

自分にとって、ここは、昔と同じような居場所なんだけどな。

覗かれたくはないし、思い込まれたくもない。
なんだか、とても疲れるし、だったら、住む世界が違いますね、とさえ
言いたくなってしまう。

極端?

でも仕方ない。
僕は、この世界でいろんな人に出会い、何かしら、毎日食べていけるだけの
能力を養ってもらったのだから。

自分を全否定されるくらいならば。

僕は、自分と、ここで出会った人たちことを守るよ。
それだけのこと。

優劣ではなく、それは、僕のたった一つの選択肢なのだから。

年末に書いた文章。
あまりに否定的すぎて、アップしていませんでしたけど。

なんとなく、消さないまま今日まで置いてました。

そうなんですよね、僕はその昔、中学生の頃から、画面を通じて大人に出会い、
休みの日には、そんな人たちに遊んでもらうことがよくありました。

そして、その人たちを通じてコンピュータのことに詳しくなり、
そうやって覚えたスキルで、ITの世界に飛び込んでいったのでした。

「口下手なんですよー」って人に言っても信じて貰えませんが、もともと、
文字の世界から人との繋がりを広げていくことが得意だったので、
それは、嘘ではないのです。

だから、こういうコミュニケーションの在り方を否定されると、時折、とても
悲しくなるし、自分の居場所が揺らぎます。

ひとはひと。

それでいいと思っているので、
価値観の違いを一般論として主張されても、僕は耳を傾ける気にはなれません。

たぶん、遠ざけることになるんでしょうね。

意思伝達の手法が多様化する時代。

領域を守るために、あえて。
いま、これを書いておこうかな、と、そう思いました。

失礼いたしました。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

今日の読み間違い。

×ニートのマフラー○ニットのマフラー

no image

リレー・フォー・ライフに賛同しています。

癌って本当に怖い病気ですけど、(いろんな意味で)本当に身近な病気であるとも言えるのではないでしょうか。  癌がわかって、手術ができなくて・・・。   薬がかわって、副作用がでて・・・。 そのたび、その …

no image

春を選びながら、年末の顔をする。どうかどうか、心をなくすことのありませんように。

新しい相棒がやってきた。 【ポイント10倍<11/5(月)AM11:59まで>】【RCP】【RCP1209mara】【送料無料】パナソニック 高機能モバイルノートブック Let's note …

no image

家の近所でまさかそんな。

大阪にて。 連続来客終わる。疲れた。初めてお会いした方が、実は家のすぐ近くの人であると判明。 「明石」だとか「タコ」だとか。 会話の中にそんなもんを連発させて。僕はその人に、このページの存在に気づいて …

no image

納得いくまで何度でも、句集作りと自分史作りは徹底的に。

川柳を1200句入力 / day、よく頑張りました。 1000句入力を予定していたけれど、20%増しの成果。おかげで、今夜は少しのんびり出来ています。 締切の近づきつつある、自分の川柳課題への取り組み …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly