川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

落とし穴は存在するのではなく、穴は、自らが作るものではないか

投稿日:

神戸市役所前の研修センターで、一日会議。

大人で、経営者で、向上心あるメンバーの集まり。
刺激を得て、会を運営して、まわりまわっていつか、還元されてくるもの。

そのための、いま、Give&Give。

仕事では、仮説をたてて、気持ちをこめて、取り組んでいくこと。

生き方においては、相手の気持ちの先回りの場所で受け入れること。

野球選手が、鏡を見てスイングを繰り返すように、
自分がブレそうになったら、その2つを思い出して、軌道修正をする。

蒼い息を吐き出したくなることもある。

でもきっと、今はその時ではないから、もう少し頑張ってみる。

ひとつひとつ、それは経験値になるのだと。
前向きに言えば、そう。

刺のない言葉のキャッチボール。

一期一会。
ご縁。

ありがたい風の多く。

全力で、応じていきたいと思う。
落とし穴は存在するのではなく、穴は、自らが作るものではないか。

だから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

僕を成長させてくれる、温かな人たちとの。

 「感染りそうだから、すぐ帰るわー」  「電話で良かった。その声ひどすぎ、行ってたら一発でアウトだったな」 来るお客さん、電話でかかってくるお客さん、異口同音に同じことをおっしゃる。 ちょっとした森進 …

華麗なるスマイル、山下りに成功。

山陽電車須磨浦公園駅。 膝が爽やかに微笑み続けています。電車で帰ります。

no image

経験に価値は宿る

「目立ってました。本当に頑張ってましたよね、西畑さん」と言われるたび、肝心なことを伝え忘れていたことに気がつきます。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月9日 先 …

no image

セミナーという言葉が麻薬になって、価値を下げている。

セミナーには受動型、能動(参加)型の2種類がある。 参加型セミナーの価値を計るには、講師の質問力を見ることも一つ。うちのメンバーがセミナーに参加したときには必ず「どんな質問をされた?していた?」と聞く …

no image

壊してしまったゴールドライタンのことを、サンタクロースに謝れないまま

超合金のゴールドライタンを、子どもの頃、クリスマスプレゼントにもらった。 その手触りやギミックが楽しくて、夢中になって触り続けたのを覚えている。動かしすぎて、動くはずの部品が動かなくなったときは本当に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly