川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

落とし穴は存在するのではなく、穴は、自らが作るものではないか

投稿日:

神戸市役所前の研修センターで、一日会議。

大人で、経営者で、向上心あるメンバーの集まり。
刺激を得て、会を運営して、まわりまわっていつか、還元されてくるもの。

そのための、いま、Give&Give。

仕事では、仮説をたてて、気持ちをこめて、取り組んでいくこと。

生き方においては、相手の気持ちの先回りの場所で受け入れること。

野球選手が、鏡を見てスイングを繰り返すように、
自分がブレそうになったら、その2つを思い出して、軌道修正をする。

蒼い息を吐き出したくなることもある。

でもきっと、今はその時ではないから、もう少し頑張ってみる。

ひとつひとつ、それは経験値になるのだと。
前向きに言えば、そう。

刺のない言葉のキャッチボール。

一期一会。
ご縁。

ありがたい風の多く。

全力で、応じていきたいと思う。
落とし穴は存在するのではなく、穴は、自らが作るものではないか。

だから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

何かが離れそうなときに捨てた執着、次に待っていてくれた活字の数々

むかし、魚の嫌いだった僕も、いつかお酒を美味しいと思うようになってからは好んで食べるようになった。 必要なことは必要なタイミングで来るようになっているんだろうと思う。ただ、必要なものは、たとえば隣の席 …

no image

今日は命日。

一年前の今日も、こんな風が吹いていました。 愛犬ぺぺ。会いにいってきます。

no image

新春に、心を熱く燃やしてみよう。

2006年を無事迎えることが出来ました。皆様、あけましておめでとうございます。 冒頭にて、まず告知。 12月31日に年賀状を作成し、1月1日の夜に投函致しました。 ので、年賀状を頂いた方(&これから頂 …

no image

弱い弱いひとりの人間であることを認め合って。

商業界の人間が利己的に関与しすぎる姿は、観光客を呼び込んで、ハイエナのように食い尽くしていく姿にも思える。「異国情緒ある町」「なんとなくオシャレな町」というイメージがいけないのではなく、地域経済発展と …

北海道土産。

わざわざ送ってきてくれました。ありがとう。 心優しい友からの、心温まるプレゼント。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly