雑記

中小企業家同友会、は、子どもの集まりではないので。

日曜日は同友会の研修会、朝から晩まで。

今年、運営委員の一員としては、

 ・副支部長
 ・会員拡大委員長
 ・40周年実行委員(県)

を仰せつかることになった。当面しばらくは、一ヶ月に最低5回は会議に参加する
ことになる。

やるからにはチャンスだと思って、色々なことを提案してみようと思う。

ただ、子どもの集まりではないのだし、元々は、全員が水平な立場にあることが
前提の組織であるわけだから、提案に対する答えが

 ○やってみよう

ならば、積極的に動くし、

 ×やってみれば

だったら、もう、そこから先は前に進めないことを自分のルールとして決めておく。
負担を分散出来ず、誰かに責任が集中することは避けなければならない。

本業があって、本業の先にはお客様とメンバーたちがいる。

優先順位は、言わずもがな。
費やせる時間と労力は有限であることを念頭に進んでいこう。