川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

組織ごっこは否定して、自分を改善する。

投稿日:

サラリーマンだった頃の気持ちは、意識的に、思い出すようにしている。

 ・上司の、こんな部分がイヤだな
 ・会社がこういう風に変わればいいのに

昔の自分が見ている。
それに答えることが出来ているだろうか。

同友会という組織の運営についても、同じことが言えるのだろうと思う。

やっぱり自分は、いかにも「上」という立場からモノを言われることが嫌いだ。
昔はこうだったと言われれば、じゃぁこれからはこう改めましょうという気持ちを
抱きながら、その話を聞いてしまう。

会歴の長さで発言の重みが変わるのならば、それは単なる「組織ごっこ」。

それよりも、参加率の高い人の意見が吸い上げられる雰囲気にしなければならない。
足の遠のいている人は、保守的な人、変化の嫌いな人。

保守的であることも、一つの理念には違いなく、否定するつもりは毛頭ない。

ただ、自分は。

自己批判が出来てこそ成長があるものだと考えているし、
過去と現状に問題点を見出しながら、新たな変化を受け入れていきたいと思う。

ひとはどうでもいい。
自分が変われば、まわりも変わる。

だから願わくば。

意見する人も、同じようでいて欲しいと思う。

若さゆえの、謙虚さは持ちたい。
しかし、若さゆえに、卑屈にもなりたくない。

僕は僕の信念のまま、自らの問題点を認識しながら、改善をしていける人間でありたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

泡盛と沖縄料理。

うるま島@板宿駅近く。

no image

震災からしばらくして、神戸に灯の戻った日を思いだした

憲法の前文があって、憲法の9条がある。そうして、それらの憲法を最高法規として各法律が存在するのだということを改めて考える。僕は商売人なので、偏りがちな政治の話はしないことにしているけれど、前文の中にあ …

今日の村上給食。

揚げ物の中身にはいつも驚かされます。

no image

気ままに川柳生活。

川柳マガジン6月号届く。久々に2句/3選者抜けていた。 全国の書店に並ぶこの雑誌、自分の名前と句が活字になる感覚は、いつも新鮮で嬉しい。言い換えると、普段、自分たちの作っている「ふあうすと」誌だって、 …

秋を知る頃、新しい命。

熱帯魚、コリドラスメリニが産卵。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly