川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

組織ごっこは否定して、自分を改善する。

投稿日:

サラリーマンだった頃の気持ちは、意識的に、思い出すようにしている。

 ・上司の、こんな部分がイヤだな
 ・会社がこういう風に変わればいいのに

昔の自分が見ている。
それに答えることが出来ているだろうか。

同友会という組織の運営についても、同じことが言えるのだろうと思う。

やっぱり自分は、いかにも「上」という立場からモノを言われることが嫌いだ。
昔はこうだったと言われれば、じゃぁこれからはこう改めましょうという気持ちを
抱きながら、その話を聞いてしまう。

会歴の長さで発言の重みが変わるのならば、それは単なる「組織ごっこ」。

それよりも、参加率の高い人の意見が吸い上げられる雰囲気にしなければならない。
足の遠のいている人は、保守的な人、変化の嫌いな人。

保守的であることも、一つの理念には違いなく、否定するつもりは毛頭ない。

ただ、自分は。

自己批判が出来てこそ成長があるものだと考えているし、
過去と現状に問題点を見出しながら、新たな変化を受け入れていきたいと思う。

ひとはどうでもいい。
自分が変われば、まわりも変わる。

だから願わくば。

意見する人も、同じようでいて欲しいと思う。

若さゆえの、謙虚さは持ちたい。
しかし、若さゆえに、卑屈にもなりたくない。

僕は僕の信念のまま、自らの問題点を認識しながら、改善をしていける人間でありたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

無線フリースポット。

@アスピア明石 便利ですねぇ。 歩き疲れて休憩中。

川柳に向かう姿勢、感謝の余韻

父が亡くなったとき、自分でも納得のいく句をたくさん書くことができた。以来、句作に納得がいかなかったのは、それだけ心に触れることが少なかったということなのかもしれない。 生き方。会いたい人に会って、その …

no image

吹奏楽部vs卓球部。正論っぽい雰囲気で場をまとめていく難しさ。

頼まれてもいないのに自ら意見を伝えたのならばともかく、「意見を聞かせてください」と言われたのだから、思うところを伝えた。すると彼は、上手にラリーを続ける卓球選手のように、僕の意見のすべてに反論を述べて …

no image

行動指針の実践とは ~ 神戸で一番のサービス業をめざしたい。

「こんな風はどうでしょう?」 ― 提案力。 そういう提案が出来るようになってほしい。言われたまんまをやるだけでは、従来の印刷屋と何も変わらない。 提案のための引き出しが空っぽならば、たくさんしまってい …

らしく、あかるく、あたたかく。

連休の最終日に葬儀、深夜に明石に戻ってきました。 静岡にいる間はほとんど寝ていないので、さすがに疲れました。しばらく目眩と熱が続きましたが、土曜日になって落ち着いてきた模様。 いろんな人に気遣っていた …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly