雑記

人生三度目の肋骨骨折。頸椎椎間板ヘルニアのその後。

肋骨を骨折。三度目。

正確には軟骨らしいんだけど、ひとに伝えるときには「肋骨」と書いた方が分かりやすいよね。あと、骨折といってもポキッといってるわけではなくて、ヒビが入っている程度。普通に生活可。時々、チカラが入ると痛くなるので、そういう作業はしないように気をつける。というか、元々そういう作業はしないぐーたら人間なんだけど。

ではどうして骨折したかというと、原因はクシャミ。関西のおっさん特有の「うわっへぃちくしょう」というやつを連発していたら、ある日痛み出したという次第。ちなみに前回は咳が原因だった模様。

あわせて読みたい
生まれてはじめての骨折ろっ骨の骨折が判明しました♡— 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年10月16日 整形外科でレン...

頸椎椎間板ヘルニアをずっと診てもらっている先生に、久々に会った。

左腕、だいぶ上がるようになったんですよー。
と話して見せたら、驚いてくれた。ここまで回復するとは思っていなかったのかもしれない。

先生は自分に、何度も手術を提案してくれた。
ピアノを弾く自分は、万が一指先に支障が出たら嫌なのでとそれを断り続けた。

根気よく付き合ってくれた先生には感謝したい(だから焼き鳥行きましょう、せんせ)。

ちなみに先生も、最近ピアノを始めたらしい。
ピアノにメダカに。

何かと趣味が重なるのが嬉しいね。