川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

土下座したい日も飛び上がりたい日もあった、これまでの。

投稿日:

 2年前の今ごろは父の亡くなる直前でもあり、仕事に追われながら病院に通っていたことを
思い出す。今日、その時と同じ仕事を滞りなく終えることが出来て、薄紅に染まり始めた
神戸の街を気持ち良くくぐり抜けて走った。もう会えなくなってしまった声や居場所や、
これから遠くなってしまう人もいるけれど、繋がった確かな記憶は色褪せない。次に広がり
次に繋がる誰か何かのために、その記憶の場所から、もっと強さ太さを身につける自分を
目指していかなければ。思い出に笑われるようであってはいけない。

 いろんな縁の中に生きている。与えられて生きている、存在している。それを忘れては
ならないとメンバーに改めて。仕事の9割は段取りで、そして、人との繋がりは、どれだけ
多くのありがとうを伝えられるかということである。傲慢にならず、卑屈にならず、同じ
高さの信頼関係を増やしていくことを、もっと。

 前川企画印刷と、自分の会社の名前で検索を重ねる。もう、戻ることも裏切ることも出来
ない場所に来ている。新しい空気の張り詰めていく中で、やりがいというものを今一度噛み
しめながら、緊張感と達成感のある仕事を続けていかなければ。

 4月、さて。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

これまでに経験したことのない貴重な記念撮影。

記念撮影。 40度オーバーなんて、人生初じゃないでしょうか。これは珍しい、これは貴重、ということで、痕跡を残します。 インフルエンザだと誤解された方も多かったようですが、扁桃腺炎によるものです。3年前 …

家にあるもの。

オーディオやら(片付かない)。

耳の調子と俳句甲子園にかける若者たちのマンガと

耳の調子がずっと悪くて、最近はもう、この低空飛行に身体が慣れてきてしまった。それでも、突然やってくる痛みや遠くの音が間近に聞こえる不快感は本当に辛い。高校生たちが遠くでシャカシャカポテトを振っているの …

no image

自分たちのいる線のあたりに。

選られた言葉、行間の気遣いに触れて、まだまだを知る。期待値が高まると仕事をいただきやすくなるのかもしれない、けれど、期待以上を返すことはだんだん難しくなる。外交と内政のバランス。 翼はあるのに、足首を …

こっちを向いて。

じゅにあ、友達ばかり探していないで。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly