川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

絵に描いた餅で、社員はお腹がいっぱいになりますか。

投稿日:

同友会、県の会員拡大委員会のメンバーで初めての懇親会。

同じ組織とはいえ、いつもとは違う顔ぶれで食事をするのはまた、とても刺激的で
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ひとことで言えば「経営者の学びの場」が同友会。

効果的に学ぶには、自分が経営者として参加しながらも、「社員」であり「お客さん」の
立場で、周囲の社長さんを観察してみることなのではないかと、思っています。

この社長の下で自分が働きたいと思うかどうか。
この社長さんの経営される会社と客として付き合いたいと思うかどうか。

そう感じられなければ、同友会という組織の上の立場にいて、どれだけ立派なことを
されていたとしても、自分にとっては「反面教師」です。

素直に受け入れるよりも、疑問を抱きながら臨んだ方が、学びって深めることが
出来るんですよね。

ひねくれているのかもしれませんが、疑問という問いかけを抱き続けることは、自己の
成長に欠かすことの出来ない重要な要素。

立派なことを成文化しても、絵に描いた餅であっては何の意味もありません。

「あの人と一緒に仕事がしたい」

そう思って貰えるような会社に、経営者になるべく。

まだまだ、発展途上の模索を繰り返していきたいと考えています。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

同友会の支部例会で報告します ~知識を売るのではなく体験を売るということ、雨の日に足が臭くなるということ

8月26日に生田神社会館で、経営体験報告を行うことになりました。 10年前の2月に入社、3月に社長と大喧嘩。紆余曲折あって7月から自分が社長をやるようになって以来のサクセスストリートであれば良いのです …

no image

同友会青年部、年齢の近い仲間たちがいるということ

本番前日、最終リハーサルを現地ホテルにて。 お越しいただく方に楽しんでもらうためには、まず、自分たちが楽しまなければならない。「しあわせ」や「よろこび」っていうのは、自分の器を満たして、それが溢れ出て …

no image

【西端語ります】中小企業家同友会西神戸支部ブロック会「経営に生かす言葉の力」

同友会のブロック会で、表現力についてお話させていただきます。 「どんな言葉にも裏と表がある」ということ、その言葉の使い分けが心遣いになるということ、心遣いを意識することが人を育てお客様との距離を縮める …

no image

パネルディスカッションのコーディネーター、コピーライティング講座

同友会、オール兵庫の分科会(パネルディスカッション)のコーディネーターのお役目を打診される。 前に出て目立つことばかりしている気がするし遠慮したのだけれど、普段通りのキャラで行ってほしいと言われたので …

大浦ミートの大浦社長の話を聞いてきた!

同友会青年部例会、姫路での開催。 「金持ちになるために社長になる」という動機はとても不純な感じがするけれど、まんま、勢いとなって勘を研ぎ澄ます。勢いは運を呼び縁を招き寄せる。考え過ぎて何も出来なくなっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly