川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。

投稿日:

5月3日、9時26分。

ひろ兄ちゃんは雲のない静岡の空に旅立っていきました。

苦しみを抑えるモルヒネを選択。
数分後に心拍数が下がっていったことから察すると、本当にもう、ぎりぎりのところで
気力だけで持ちこたえてきた数日だったのではないかと思います。

長い闘いでした。

半身不随、言語障害のおばあちゃんを何年もずっと、介護。
ベッドのそばで、身体をひたすらマッサージし続けていました。

おばあちゃんが旅立った後、今度はおじいちゃんのケアに人生の大半を費やします。

それを犠牲だとは思わず、
不運だとも言わない。

当たり前の顔で、誰かのための人生を生き続けました。

優しさの象徴。
生き方に、態度に、にんげんとしてたくさんのことを学んできました。

「兄」と呼べる距離にいて出逢えたこと、それを心から感謝しています。

「みんな、適当なことを言うけれど、俺は嘘はつかないよ。状況は全部伝えてあげる」

― 夜中、目を合わせてくれたひろ兄ちゃんに言いました。
病気のことを一生懸命勉強してきた、向学心のある人です。

意識もはっきりしていました。誤魔化しは通じません。

「たのむぞ」

そう答えてくれたこと。
立場を理解してくれたようです。

ほんとに、嬉しかった。 

優しい人です。
家族の嘘や、家族の呼びかけに、応じていました。

自分が一番苦しいのに、会いに来てくれたことを申し訳なさそうな表情で伝えたり、
僕たちが食事を食べているかなど、最期までずっと気にしてくれていました。

優しさ、優しさ、優しさ、優しさ。

にんげんの教科書でした。温かい人でした。兄でした、家族でした。

また、家族の形が変わってしまって、寂しいけれど。

影響力のある人でした。
この言葉を嘘にしないために、僕は僕の一生懸命を生きていきたい。

そんなことを、命と向き合いながら思いました。

いま、三島駅前東横イン。

今夜はこちらに宿をとって、明日の通夜と葬儀に備えます。
最後まで「らしく」、強く、そして優しく。

ひろ兄ちゃんを見送ってきてあげたいと思います。

もっぺんだけ。

ひろ兄ちゃん。
出逢ってくれて、本当にありがとう。

温かい人でした。兄でした、家族でした。大好きでした。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

終電の出たあとの三宮駅。

下りにはぎりぎり間に合いました。

千春コンサート。

楽しんできます。

no image

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。 そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、継続を放棄するようになってしまう。 だから、寄り添いたいと想う …

no image

本を読んで柔らかくなる人、本にもたれて固くなってしまう人。

「育てる」という言葉は、自分に驕りが見えるようで出来るだけ使わないことにしている。 人は元来、育つもの。育つためのきっかけやヒントをタイミング良く与えてあげることが、リーダーの仕事。リーダーは、リーダ …

おなかいっぱいで臨む

経営者勉強会。 眠気に負けないように学んできます。耳掃除は済ませました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly