雑記

らしく、あかるく、あたたかく。

連休の最終日に葬儀、深夜に明石に戻ってきました。

静岡にいる間はほとんど寝ていないので、さすがに疲れました。
しばらく目眩と熱が続きましたが、土曜日になって落ち着いてきた模様。

いろんな人に気遣っていただいたこと、ほんとに感謝しています。

通夜、葬儀用に、それぞれ施主のする挨拶を2つ、作文しました。
また、葬儀では別れの挨拶を皆さんの前で。

遠い親戚としてではなく、身内の距離で見送ってあげたかったのです。
自分のことばを添えられて、本当に良かった。


猫をこよなく愛したので、人形を飾ってあげたり。


クリスマスに明石で過ごしてくれたときの写真を飾ったり。

こういうディスプレイは弟が得意とするところ。

「らしい」見送り方、それぞれに。

心をたくさん込めた時間でした。

亡くなった日の空は、とても優しい色をしていました。

今はただ、下を向いてばかりいて不安にさせるのではなく、
元気に頑張っている顔で見上げて、安らいでほしいと願っています。

それが、できること。 それが、しなくちゃいけないこと。

「約束」を思い出せば、泣いてばかりもいられないですから。

もう、大丈夫。

教えてくれたことを胸に、がんばりますよ。
手をあてれば、いつもここは、とても温かいのです。