川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

投稿日:

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。

ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。
強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる。

そうやって自然に信頼関係が芽生えていくのが理想。

「人を育てる」と声高に言う経営者ほど、強制ばかりしている気がする。
一緒に働いている人たちのことを、言い訳の材料にしている気がする。

ほんとの人材教育っていうのは、背中なり、結果なり、伝わるものを見せることで、
「どこかで聞いたようなこと」を偉そうに言うことじゃない。

偉そうな人は嫌いだ。

ほんとに偉い人は、上を見続けるから、決して偉そうじゃない。

偉いと偉そうの違い。
似ていても、見られ方はまるで違う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

松山千春コンサート終了。

最後に大好きな曲。号泣号泣!! 癒されました。千春最高!

no image

耳鳴りに始まる悪循環、どうなっちゃうんだろうなぁ

時々腰をやってしまうのだけれど、これはまだ、痛み止めで誤魔化すことができる。顎関節症も、なる前に(なってしまっても)なんとか対処できるようにはなってきた。問題は去年からずっと続く耳鳴りで、この症状が酷 …

大輔にも。

バワーを。 大声で応援中。出たかった、WBC。

粋な大掃除。

捩りはちまき、ジャージ。大掃除に頑張る当社のエース、N君です。 だめだめ社長はへばり中。

何もかも捨てて出直したい夜がある。

男の角質ケア、Baby Foot。 今夜、二度目の挑戦。ツルスベの素足に会いに行く。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly