川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

志ある限りに ― たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

投稿日:

『親鸞 (五木寛之著)』読了。

父が亡くなって以後、お寺との繋がりが増えた。
どうせ関わるお経のことならばと、仏教に関する本などを読み進めている。

浄土真宗のいう「悪人」について、これまで感覚的に理解していたものを
すこしだけ肌で感じられるようになったとい言えば恰好をつけすぎか。

信仰というほどのものではないけれど、父と同じものに帰依しているという気持ちを持つ。

すると、連帯が生まれる。
そうして、心が慰められる。

そんな糸のようなものを探して、僕はこの種の本を読んでいるのかもしれない。

仕事。

持ちかけられる相談に対しては、適切に、自分の引き出しのひとつを。
メンバーに対しては、横に並んで、「自分のことば」を「自分たちのことば」に。

そのことを繰り返し、て、

新しい出会いがいくつも運ばれてくる。
少なくとも、間違えてはいないこの道なんだろう。

たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

ただ、思い出せる確かなものを提供していける人間でありたいと思う。
そんなメッセージの発し方を、志ある限りに。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

今日は明石公園を。

ポニョー。 引越してから、あまり来なくなってしまった明石公園だよ。森の息吹が肌に優しいね。 親父シャツでも違和感のない、勝手知ったる空間さ。

飛行機の時間が迫る中での痛恨のミス。

白熊がデカ過ぎ。

神戸元町。

夜市。 元町通り四丁目『関口』の店長でもあるわが弟は、実行委員として準備と後片付けも頑張っておりました。 ご苦労様 > 弟。 小さい頃から大好きで、毎年遊びに行ってるお祭りです。 活気のある元町、いつ …

尼崎にある余部鉄橋。

@ホビスタ尼崎。 自分用にも買ってしまった… 金かかる趣味の再開です(^^;

no image

偶然でも必然でも、最後の想いのままでいる。

11月15日、ナンバープレートが1115の車を見た! ― たとえばそんな偶然を。  (いいことありそうだ) (ついてるな) この程度の思いで済ませられたら、誰にだってよくある話。 単なる偶然かもしれな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly