川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

志ある限りに ― たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

投稿日:

『親鸞 (五木寛之著)』読了。

父が亡くなって以後、お寺との繋がりが増えた。
どうせ関わるお経のことならばと、仏教に関する本などを読み進めている。

浄土真宗のいう「悪人」について、これまで感覚的に理解していたものを
すこしだけ肌で感じられるようになったとい言えば恰好をつけすぎか。

信仰というほどのものではないけれど、父と同じものに帰依しているという気持ちを持つ。

すると、連帯が生まれる。
そうして、心が慰められる。

そんな糸のようなものを探して、僕はこの種の本を読んでいるのかもしれない。

仕事。

持ちかけられる相談に対しては、適切に、自分の引き出しのひとつを。
メンバーに対しては、横に並んで、「自分のことば」を「自分たちのことば」に。

そのことを繰り返し、て、

新しい出会いがいくつも運ばれてくる。
少なくとも、間違えてはいないこの道なんだろう。

たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

ただ、思い出せる確かなものを提供していける人間でありたいと思う。
そんなメッセージの発し方を、志ある限りに。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

高砂席。

乗っ取った。 もいっこ、ケーキ、プリーズ。

林さんちのリビング。

パーティーに呼んでいただきました。 きれいなおうち。美味しそう。

そろばんのまち小野市。

『2007』になってますね。 商売繁盛アイテムを探しにやってまいりました。 まずは食べねば(お約束)。

no image

疲弊、読書、再会、いつも思い出した場所から。

土曜日、同窓会の総会。 一年に一度の大きな集まりで、この日のために色々と気を遣うことも多い。今年は学校の中でトラブルもあったから尚更だ。 自分たち役員の働きを励ましてくださる方もいれば、最初から「疑念 …

no image

溺死するなら、パンナコッタの海で。

11月の扁桃炎(5年連続)。 2月か3月にも必ず同じ症状の出続けていたけれど、今年はまだ、微熱よりも高い熱が出ていない。 ちょっとだけ丈夫になったのかな。 嬉しい傾向。 自宅リビングの真ん中あたり(床 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly