川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

志ある限りに ― たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

投稿日:

『親鸞 (五木寛之著)』読了。

父が亡くなって以後、お寺との繋がりが増えた。
どうせ関わるお経のことならばと、仏教に関する本などを読み進めている。

浄土真宗のいう「悪人」について、これまで感覚的に理解していたものを
すこしだけ肌で感じられるようになったとい言えば恰好をつけすぎか。

信仰というほどのものではないけれど、父と同じものに帰依しているという気持ちを持つ。

すると、連帯が生まれる。
そうして、心が慰められる。

そんな糸のようなものを探して、僕はこの種の本を読んでいるのかもしれない。

仕事。

持ちかけられる相談に対しては、適切に、自分の引き出しのひとつを。
メンバーに対しては、横に並んで、「自分のことば」を「自分たちのことば」に。

そのことを繰り返し、て、

新しい出会いがいくつも運ばれてくる。
少なくとも、間違えてはいないこの道なんだろう。

たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

ただ、思い出せる確かなものを提供していける人間でありたいと思う。
そんなメッセージの発し方を、志ある限りに。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

福島第一原子力発電所で働く人たち「いちえふ」を読んだ/「書き出す」作業の効用について

東日本大震災後の福島第一原子力発電所で働く人たちの様子を伝える漫画いちえふ福島第一原子力発電所労働記(1)を読んだ。 何が正しくて誤っているのかはわからない。ただ、情報を鵜呑みにして組み合わされたパズ …

no image

これからのことは、これまでのことを越えていく。

ディーラーから電話、新車の1000キロ(一ヶ月)点検を受けに行く。 フィットになって燃費が良くなった分、スタンドに行く機会が少なくなった。ガラスの汚れが目立つのは、なるほど、そういう理由。 ボディ全体 …

no image

盗まれた障害者手帳。

父親がカバンを盗まれたらしい。 何が入っていたのか詳細までは聞いていないが、困るのは身体障害者手帳も一緒に盗まれてしまったということ。これがないかと何かと困るので、明日(金曜)役所に付き合ってくれない …

no image

次を目指すこと、今を大切にすること。

川柳大会・・・ 全ボツでした(涙) 大会に出ればいくつかは選ばれるだろうと慢心していた気持ちを引き締めるいいきっかけになったのではないでしょうか(と、言い聞かせている)。 会場では、いろんな方に声をか …

no image

メダルの色にこだわらない、そんな向上心ならば。

家庭教師をしていた学生時代。 引き受けた以上は、合格を約束する。学校の先生の話は、今日からもう、聞く必要がないことを伝える。 ― 昨日までの自分に縛られる必要はない。今日から得る知識だけで必ず合格出来 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly