川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

志ある限りに ― たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

投稿日:

『親鸞 (五木寛之著)』読了。

父が亡くなって以後、お寺との繋がりが増えた。
どうせ関わるお経のことならばと、仏教に関する本などを読み進めている。

浄土真宗のいう「悪人」について、これまで感覚的に理解していたものを
すこしだけ肌で感じられるようになったとい言えば恰好をつけすぎか。

信仰というほどのものではないけれど、父と同じものに帰依しているという気持ちを持つ。

すると、連帯が生まれる。
そうして、心が慰められる。

そんな糸のようなものを探して、僕はこの種の本を読んでいるのかもしれない。

仕事。

持ちかけられる相談に対しては、適切に、自分の引き出しのひとつを。
メンバーに対しては、横に並んで、「自分のことば」を「自分たちのことば」に。

そのことを繰り返し、て、

新しい出会いがいくつも運ばれてくる。
少なくとも、間違えてはいないこの道なんだろう。

たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

ただ、思い出せる確かなものを提供していける人間でありたいと思う。
そんなメッセージの発し方を、志ある限りに。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

待ち切れない鍋。

早く煮えて、寒すぎです。

ドラえもんのモノマネが加速する秦基博さんの「ひまわりの約束」

秦基博さんのひまわりの約束がかかると、僕のドラえもんのモノマネは加速する。 ひまわりの約束 秦 基博価格: 250円 posted with sticky on 2016.1.9 モノマネだけを披露し …

no image

成人式から一回りして今日の場所、そして、未来は。

炊けましておめでとうございます。 何が悲しいって、今年一発目のこのオヤジギャグに、未だ誰からもツッコミが来ないという淋しい年明けだったことなわけです(炊飯器の写真まで添えてるのに)。 でもね、今日、も …

鹿児島の市電は草が生えている!

芝生ですね。街が優しい、鹿児島中央駅付近。

春は来るのか、春に行くのか。

春の来る前に、その人たちの気配はなくなってしまった。 ここに集った夢たちは、いま、どうしているのかな。会社をしていて、いつも怯えてしまう看板の一つでもある。 春を待つ、は、春を手繰り寄せると同義ではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly