川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

一緒に勉強してくれませんか → 【恥をかいて成長したい大人のための『表現力・質問力』向上勉強会】

投稿日:

【恥をかいて成長したい大人のための『表現力・質問力』向上勉強会】

【開催日時】
7月20日(火) 18:30
→時間は2時間程度を予定していますが、変動する可能性もあります

【開催場所】
神戸市中央区京町79番地 日本ビルヂング3F
花萌 にしむらゆき子 花教室 内

[地図]http://bit.ly/9t4qRX
 →各線三宮駅から徒歩10分程度です。

【参加資格】
大人ならば誰でも
→学生さん、主婦、社会人、経営者などなど、18歳以上ならどなたでも。

【参加人数】
10名以内

【参加費用】
無料

【世話役】
西端 康孝

【ご案内】

自分が表現したいものと、実際に相手に伝わっているものって、往々にして
差があったりするものです。そこで今回は、「人に読んで欲しい一冊の本」を
自由に決めてもらい、10分以内でプレゼン(形式自由)、参加者からの質問を
募って回答するという3つのプロセスをそれぞれに体験していただこうと
企画しています。

そして、最終的に「その本を読みたいと思った」という参加者からの得票を
一番多く集めた人が優勝と、きちんと効果を測定するところまでを勉強会の内容と
する予定です。

本を読ませたい気持ちにさせる表現力を養う、という趣旨ですので。

選んでいただく一冊の本は、誰もが読んだことのあるような本よりも、まだ
誰も手にしたことのない本の方が面白いかもしれません。
逆に、みんなが知っているだろうけれど、こういう読み方があるのだぞ、と、
切り口を変えてご紹介していただくのも自由です。

もちろん、ジャンルも不問。
ビジネス書や推理小説、歴史書といった選択もあれば、写真集や漫画、絵本といった
選択も面白いかもしれませんね。SFや恋愛小説、ノンフィクションなんてジャンルも
大歓迎です。

「この本を選んで、こんな発表をする。そうすれば、みんな読みたいと思ってくれる
はずだ」

今回の勉強会、大切なのはこの部分。
相手の気持ちがどう動くのかというところをイメージして、
本を選ぶところから熟考していただき、より、その魅力が伝わるようなプレゼンを
考えてください。

と、同時に。

他の方の発表を聞いて

「その本を、人生でもう一度読み直したいとすれば、どんな時ですか?」
たとえば、こんな質問をして、どんな回答が返ってくるのか。
そんな、インタビューのような【質問】も、参加される皆さんには必ずしていただく予定です。

質問もまた、ひとつの表現力。
テレビなどでも良く見かけるとおり、インタビュアーの語りかけ方が上手だと、会話が
弾んで、相手の魅力や考えの深いところを引き出すことが出来るようになります。

話し上手は聞き上手。

「プレゼン」することと「聞く」ことの両方のトレーニングを通じて、家庭や職場、学校における
様々な人間関係の向上に役立てていただきたいと思っています。

受け身なセミナーではなく、参加するメンバー全員が水平で同じ立場の勉強会。
発表して、質問されて、恥をかいて、成長する。

そんな、泥くさーいことをやってみたいと思っていますので。

何卒参加・ご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます!

参加ご希望の方は、前川企画印刷ホームページお問い合わせフォーム、または
当blog左側の「メッセージを送る」からお願いいたします!

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

2億円を買いました。

大化けする予定です。

赤ワイン品種。

カベルネソービニヨン。

月の庵。

明石駅前豆腐料理屋さん。 コース料理かと思ったら、居酒屋風でした。

生きていた証、今はいないという空虚感。

32歳ガン漂流エヴォリューション/奥山貴宏 blogを一通り読んで、本を読んでみたくなりました。文字を通じて生前の作者に対峙しています。どれだけ生きたかったことだろう? 彼の見た景色は今も変わらないま …

二千円札を日本で1番多く消費する男。

ATMから降ろすたびに両替。二千円札の普及を願って、活動は今日も続くのであります。 でも、財布膨らみすぎ(アホ)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly