川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

経営に活かす川柳教室 – 中小企業家同友会ブロック会にて。

投稿日:

7/22、中小企業家同友会西神戸支部Bブロック会。

IMG_1343

経営に活かす川柳というテーマで、自社の強みや経営理念を、川柳という
短いフレーズで表現する勉強会を行いました。

・俳句はヒトを、川柳はモノを詠む。
・出来るだけ字余り・字足らずにならないように。
・特に「中八」はリズム感を損なうので厳禁(=5/8/5)。
・説明にならないように、ドラマを織り込む。
・言葉の無駄を削ぐ(×トーストを焼く ×橋の橋脚)

限られた時間の中での説明と実践でしたが、拙い講評を聞いていただく中で、
「じゃぁこういう場合は?」「あの句のあそこがダメなのでは?」と、質問や意見が
飛び交うなど、コツがわかっていくにつれ、どんどんと盛り上がっていったのが印象的
でした。

言葉は心を越えません。
でも、言葉は心を補います。

機会あれば、こんな表現力の学びの機会も増やしていきたいですね。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

no image

どうなりたいかはわからなくとも、こうなりたくないとは決める。

Kさんとランチをいただきながら、支部の会員拡大ミーティング。 経営者と呼ばれる人たちの「考え方」を議論する。結果、「自尊心をくすぐる」作戦でいくことが、一番効果的なのではないかという結論。それに基づい …

no image

絵に描いた餅で、社員はお腹がいっぱいになりますか。

同友会、県の会員拡大委員会のメンバーで初めての懇親会。 同じ組織とはいえ、いつもとは違う顔ぶれで食事をするのはまた、とても刺激的で楽しい時間を過ごすことが出来ました。 ひとことで言えば「経営者の学びの …

中小企業家同友会バンドのリハーサル、人前で何かをするということ

何年か前にも兵庫県中小企業家同友会のオール兵庫という集まりで、人前に出てオリジナル曲を歌ったことがある。それ以来となる同友会バンドのリハーサル。 音楽という共通言語は年齢差も育ちも立場も一切関のないも …

仲間と過ごす、くだらない会話ほど

人の集まる場所に行くことは仕事のひとつ。いつも見られ方を意識している、それは相手が誰であっても。 理解して、アホなことを言っても許してくれる笑ってくれる、そんな仲間たちのいることが心から嬉しい、経営者 …

ふあうすと川柳社で選者を務めること、同友会で報告をすること、同友会でマイクパフォーマンスをして暴れること

ふあうすと川柳社は、昭和4年に神戸に誕生した川柳結社。川柳六大家と呼ばれるうちの一人、椙元紋太によって結社された。前川企画印刷でふあうすと誌の編集と印刷を担っている関係で、同人の一人として参加するよう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly