川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

経営に活かす川柳教室 – 中小企業家同友会ブロック会にて。

投稿日:

7/22、中小企業家同友会西神戸支部Bブロック会。

IMG_1343

経営に活かす川柳というテーマで、自社の強みや経営理念を、川柳という
短いフレーズで表現する勉強会を行いました。

・俳句はヒトを、川柳はモノを詠む。
・出来るだけ字余り・字足らずにならないように。
・特に「中八」はリズム感を損なうので厳禁(=5/8/5)。
・説明にならないように、ドラマを織り込む。
・言葉の無駄を削ぐ(×トーストを焼く ×橋の橋脚)

限られた時間の中での説明と実践でしたが、拙い講評を聞いていただく中で、
「じゃぁこういう場合は?」「あの句のあそこがダメなのでは?」と、質問や意見が
飛び交うなど、コツがわかっていくにつれ、どんどんと盛り上がっていったのが印象的
でした。

言葉は心を越えません。
でも、言葉は心を補います。

機会あれば、こんな表現力の学びの機会も増やしていきたいですね。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

no image

同友会青年部、年齢の近い仲間たちがいるということ

本番前日、最終リハーサルを現地ホテルにて。 お越しいただく方に楽しんでもらうためには、まず、自分たちが楽しまなければならない。「しあわせ」や「よろこび」っていうのは、自分の器を満たして、それが溢れ出て …

「士気」という言葉に強烈に憧れるようになった、最高の仲間たちとの出会い

梅の香を瀬戸内のイカナゴたちが奪っていく。釘煮を炊く香りに街が満ちると、もう春なんだなぁと思う。 飛び跳ねるまま小女子を釘煮かな/長谷川櫂「虚空」― 梅たちの存在が薄くなる瀬戸内の春、イカナゴが風に満 …

憧れの箱、来春の同友会卒業例会に向けて

来春の同友会青年部、卒業例会会場であるチキンジョージさんで打ち合わせ。音楽をやる人間にとって憧れの箱のひとつ。卒業にふさわしい演出と進行を考えなければいけないのに、自分が演奏しているイメージばかりを考 …

no image

裏方の仕事を知るということ、段取りの重要性を感じるということ

青年部幹事会の会議に書記として参加。真面目に話を聞いていなくてはならないし、要点をまとめて記録しなければいけない。なにより、会議の場にいて自分は発言してはいけないというルールが重たかった。 普段、自分 …

no image

【西端語ります】中小企業家同友会西神戸支部ブロック会「経営に生かす言葉の力」

同友会のブロック会で、表現力についてお話させていただきます。 「どんな言葉にも裏と表がある」ということ、その言葉の使い分けが心遣いになるということ、心遣いを意識することが人を育てお客様との距離を縮める …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly