川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

経営に活かす川柳教室 – 中小企業家同友会ブロック会にて。

投稿日:

7/22、中小企業家同友会西神戸支部Bブロック会。

IMG_1343

経営に活かす川柳というテーマで、自社の強みや経営理念を、川柳という
短いフレーズで表現する勉強会を行いました。

・俳句はヒトを、川柳はモノを詠む。
・出来るだけ字余り・字足らずにならないように。
・特に「中八」はリズム感を損なうので厳禁(=5/8/5)。
・説明にならないように、ドラマを織り込む。
・言葉の無駄を削ぐ(×トーストを焼く ×橋の橋脚)

限られた時間の中での説明と実践でしたが、拙い講評を聞いていただく中で、
「じゃぁこういう場合は?」「あの句のあそこがダメなのでは?」と、質問や意見が
飛び交うなど、コツがわかっていくにつれ、どんどんと盛り上がっていったのが印象的
でした。

言葉は心を越えません。
でも、言葉は心を補います。

機会あれば、こんな表現力の学びの機会も増やしていきたいですね。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

no image

居場所であり、理想であり ~有馬ビューホテルうららさんで同友会広報委員会の合宿

研修合宿を終えて帰宅、楽しかった。 pic.twitter.com/Ip2YaR2gGA — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年11月11日 同友会広報委員会のメンバー …

no image

「どう見せるか」ではなく「どう見られるか」を大切にするということ

姫路で会議。 神戸は海と山の近い小さな街なので、すぐに誰かと出会ってしまう。その点姫路は知り合いと遭遇する確率が格段に低い土地だ。だから姫路へ西へと向かっていくのが好き。エネルギーを奪われる感覚がない …

理想と数字と本音と建前と

名古屋まで、同友会の打ち合わせ。 理想だけでもダメだし、現実だけでもダメ。現実という足元を固めながら理想を追いかけていく。そんな舵取りについて聞く、疑問をぶつける。 本音と建前、折り合いをつけながらみ …

no image

名刺は足し算の結果ではなく、引き算の結果であるべき ~西脇市のみやこ社会保険労務士事務所さんへ訪問

西脇市にあるみやこ社会保険労務士事務所さんへ。名刺やパンフレット制作、今後のブランディングについてのご相談を承る。 あれもこれも伝えたいのは誰も同じ。そのすべてを並列に置くのではなく、最初に何をフック …

同友会の広報委員会主催の勉強会、テーマは写真の撮り方。

姫路城公園内で、(おっさんたちが)モデルになりあって、構図や光を意識しながら撮影をして過ごす。普段は会議室で会うことの多い人たちと、こうして屋外で撮りあうのも面白くて良い。楽しかった。講師は洲本市、い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly