川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】星を射るつもりで君に告げて 春   ばた

投稿日:

熱を帯びた風船は、胸の面積を占めて。

行方も知らず、勇気の物語。
憧れ、ため息、もしかして、どうせ。

星の距離までの あなたからの答えに。

僕たちは とても優しく笑い合いましたね。

===

星を射るつもりで君に告げて 春

ふあうすと2010年6月号
明境府に【投句】

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】平和って聞いて生まれてきたんだよ   ばた

確かそんな約束をしたはずの僕らは。 どんな顔をして、のぼる魂の無念を教えてあげられるのだろう。 とめなきゃね、やめなきゃね。それは、まだ見ない、これから先の、ここから未来の。 実現を伴う、確かな約束で …

no image

【川柳】友はまだしっかり肩を抱いてくる   ばた

大学時代の友人2人に、それぞれ電話。 時々電話しては、近況をふざけあったり、次の焼肉会合の日時を約束してみたりと、そんな馬鹿の出来る間柄。 いつもとは、少し違う口調で話をすると…。 さすが、流石。どう …

no image

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない …

no image

【川柳】やられては笑ってくれた 鬼は外   ばた

笑い声に満ちた景色ほど いま 懐かしくて切なくて そんな空気を作ってくれていたことに やっと気付いて 気付かなくてこれまでを ゴメン ね また きっと また 幸せな時間は 何度でも繰り返そ ありがとう …

川柳マガジンで達成した、おめでとうな自分。

川柳マガジン8月号が届きました。 笑いのある川柳「聴診器から肝臓が逃げている」が特選二で入選。 新鋭柳壇「減速」というお題で「からっぽになろうか 大の字の空で」が特選。   特選っていうこと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly