川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

きょうの命は、だれの命のために。

投稿日:

毎年恒例の柿狩りに行ってきた。

IMG_2987

近所の空を、飛んではいけないものが飛んでいても、
外を出て歩くだけで倒れてしまうくらい、とても暑い夏であっても、

ちゃんと、カレンダー通りの色に、山は流転していく。

今年の幸せは、どれだけ持続しているだろうか。
今年の哀しみは、どれだけ癒すことが出来ただろうか。

斜面に腰を掛けて、しばし、そんな時間。

夜、高校時代の友人M、母上の御通夜式に参列。

言葉はいらなかった、ただ、抱きしめてやりたいと思った。
残念であること、無念であること。
それは今なら、本当によく分かる。

無常。

制服姿のまま遊びに行った、あの頃と気持ちは変わっていないつもりでも、
そのままではいさせてくれない何か。

流れてしまうから、悲しくもあり、
流れてくれるから、楽であるとも言え。

石ころのように、削られて、慣らされて、丸くなっていく。

万物の歴史のなかに、小さな小さな命は、繋がれて、生きている。

山からもらった実りは、
自分の希望の源でもある、愛犬じゅにあに届けてあげることにしている。

いのちは、そんな風に、繋がるんだね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

社員のiPhone所有率が100%の神戸の会社。

お盆休み前の死ぬほど忙しいモード、一段落・・・ と、なるはずが、嬉しい悲鳴をアゲアゲ中です。たくさんの方に応援していただいて、嬉しい限り。 休みは休みでちゃんと休息を取りますが、その前に、出来るだけの …

神戸学院大学生たちの行列。

@明石駅前。 まだ夏休みではないのかな?

板垣退助。

ちょっとー ちょっとちょっとー。

海水で顔を洗うと。

危険なほど顔の痛くなることを覚えた31才。

積み上げていく光景のいつか、母の誕生日に添えて。

集えよー、祝えよー、食うどー。 なんて、ジュニアが言ったのかどうか。 主役が誰だか、わかってる? 囲んで、吹き消して、おめでとう。 夜景のレストランと、ケーキ。 そして、持ち寄ったプレゼントで、母の誕 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly