川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

きょうの命は、だれの命のために。

投稿日:

毎年恒例の柿狩りに行ってきた。

IMG_2987

近所の空を、飛んではいけないものが飛んでいても、
外を出て歩くだけで倒れてしまうくらい、とても暑い夏であっても、

ちゃんと、カレンダー通りの色に、山は流転していく。

今年の幸せは、どれだけ持続しているだろうか。
今年の哀しみは、どれだけ癒すことが出来ただろうか。

斜面に腰を掛けて、しばし、そんな時間。

夜、高校時代の友人M、母上の御通夜式に参列。

言葉はいらなかった、ただ、抱きしめてやりたいと思った。
残念であること、無念であること。
それは今なら、本当によく分かる。

無常。

制服姿のまま遊びに行った、あの頃と気持ちは変わっていないつもりでも、
そのままではいさせてくれない何か。

流れてしまうから、悲しくもあり、
流れてくれるから、楽であるとも言え。

石ころのように、削られて、慣らされて、丸くなっていく。

万物の歴史のなかに、小さな小さな命は、繋がれて、生きている。

山からもらった実りは、
自分の希望の源でもある、愛犬じゅにあに届けてあげることにしている。

いのちは、そんな風に、繋がるんだね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

見えないから恐怖、言語化をする重要性

奥歯の治療が終わる、実に二か月。 僕はこれまでの人生でずっと「世の中で歯医者さんが一番怖い」と伝え続けてきたのだけれど、今の先生に出会ってからは定期的に通えるようになった。何を聞いても分かりやすい言葉 …

no image

志ある限りに ― たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

『親鸞 (五木寛之著)』読了。 父が亡くなって以後、お寺との繋がりが増えた。どうせ関わるお経のことならばと、仏教に関する本などを読み進めている。 浄土真宗のいう「悪人」について、これまで感覚的に理解し …

no image

もっと上、あ、そこそこ  ― 痒い所に手を伸ばせ。

― 今までの当たり前は、今日からの当たり前とは限らない そういうもんだし、そういうことも有り得る。にんげんは、心変わりする生き物だ。 とか、なんとか。 具体的にはつまり、守備範囲の広い仕事の進め方を目 …

no image

痴漢を撃退したら、ホームの端まで吹っ飛んでいったお話。

学生時代、京都まで毎日1時間以上の電車通学をしていました。 ある日、混雑する車内。一人の男性の手が、若い女性の腰やお尻のあたりまで伸びているのを目撃。あまりに親密そうに抱きついているものだから、恋人同 …

no image

憧れの人に出会えて、元気。

ふあうすと川柳大会では、1句、入選。 誰の記憶にも懐かしい、そんな想いを込めて作った句。選者の方にそれが通じて、選んで貰える瞬間が、句会の醍醐味。 また、言葉を添えたものを、この場所でも聞いていただけ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly