川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ロボットではない、人という温度の集う場所に。

投稿日:

店舗前を行き交う人たちに呼び込みをするためには、

 ・特徴的なフレーズ(キャッチ・価格)で
 ・限定的な要素を加えて
 ・短く簡潔に

伝える必要がある。

父は商店街で商売をしていて、東西からやってくる人たちの雰囲気や歩く速度に合わせて
呼び込みのトーンや内容を変えていた。

そして父が呼び込みをすると、小さな店は、いつも人で溢れた。

西宮ガーデンズの初売り。

呼び込みは、どれもマニュアル的で、購買意欲を高めるものではなかった。
ただ、賑やかにすればいいってもんでもない。

ヒトから買いたいな・・・と、いつも思うのだけれど、僕たちは、いつからか
マニュアルに慣らされてしまっている。人と人との関わり合いがどんどん減っているようで、
ずっと商売の空気を生きてきた自分には、とても、悲しい。

マニュアルを作ることは出来ても、
人を育てることの出来る人は少なくなってきている。

そこを強く強く意識して。

温度ある会社、組織にしていきたいなぁと思っている。
仕事を仕事として、オンやオフとスイッチを切り替えるのではなく、もっと曖昧な領域に
存在するものにしてもいいのではないだろうか。

・・・そんな、理想。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

カレンダーの一枚に足かせになった荷物を置いていく

五月の始まり、大蔵海岸の心地よい風。 今日は三田市、神戸市長田区、西区、加古川市と東から西への移動。今月から始まる月極めのお客さんとの打ち合わせや、モデルさんの撮影などをやってきます。 他人のせいには …

no image

10代の若者たちから、さて、何を貰ってきましょうか。

思い立って、午後から倉敷チボリ公園へ。 昔、よく連れられていったような、遊園地の面影を残した場所。ぐるり歩いて、歓声あげて。 いいストレス解消になりました。 日曜日は「10代のためのボランティア講座@ …

no image

天国へ。

3月2日、8時50分。 ぺぺは、天国に旅立ちました。 もっと、してあげられることがあったんじゃないか。もっと、一緒に遊びたかった。 辛いです。

no image

夜を越えて、ご褒美を目指そう。

4時ー。 夜もあっという間。もう少し効率良く時間を活用できるようにならないと。 金曜の夜はご褒美の焼き鳥といきたいなー。 もうちょっとだけ、がんばる。 出て来い、朝日!夜明けは近い!

蛮カラ焼き。

5分ほど待て、と。さて。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly