川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ロボットではない、人という温度の集う場所に。

投稿日:

店舗前を行き交う人たちに呼び込みをするためには、

 ・特徴的なフレーズ(キャッチ・価格)で
 ・限定的な要素を加えて
 ・短く簡潔に

伝える必要がある。

父は商店街で商売をしていて、東西からやってくる人たちの雰囲気や歩く速度に合わせて
呼び込みのトーンや内容を変えていた。

そして父が呼び込みをすると、小さな店は、いつも人で溢れた。

西宮ガーデンズの初売り。

呼び込みは、どれもマニュアル的で、購買意欲を高めるものではなかった。
ただ、賑やかにすればいいってもんでもない。

ヒトから買いたいな・・・と、いつも思うのだけれど、僕たちは、いつからか
マニュアルに慣らされてしまっている。人と人との関わり合いがどんどん減っているようで、
ずっと商売の空気を生きてきた自分には、とても、悲しい。

マニュアルを作ることは出来ても、
人を育てることの出来る人は少なくなってきている。

そこを強く強く意識して。

温度ある会社、組織にしていきたいなぁと思っている。
仕事を仕事として、オンやオフとスイッチを切り替えるのではなく、もっと曖昧な領域に
存在するものにしてもいいのではないだろうか。

・・・そんな、理想。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

一番温かいありがとうを貰える会社になりたい。

寝る直前、起きてすぐ、そして、数時間ごとに必ず。つまり、起きている間中ずっと。 「前川企画」「ブロガー名刺」というキーワードで検索を繰り返しています。 夜中に眼が覚めてしまうことも、よくありますね。 …

no image

サラリーマンをやってても。

死ぬまでの生涯賃金が計算出来る。 子供の頃に聞いたこの言葉が印象的で。みんなと同じじゃダメなんだなと思いました。 連休明けから、気分一新。 居場所を作るという言葉を、この下半期以降の自分自身の目標とし …

no image

一生懸命に準備をして思い切り喜んだり悔しがったりすることを心は求めたがっている

今日が本番の楽譜を書き換えたり、お客さんにメールを送ったり、コピーを書いたり、経理仕事をしたり、電話をしたり、入札中のオークションが落札できたらいいなーと眺めてみたり。 脳みそのあっちこっちに光が灯っ …

no image

神戸で一番、温かな気持ちになれる会社でありたい。

今日になって、いくつかのお店でマスクを買えるようになったが、有り得ないほどに値段が高騰していた。 震災のあとに感じたような、寂しい景色。 立ち寄った商店街では、所々に白いマスクの花が咲いている程度だっ …

川柳とZaurus(SL-C3000)と。

川柳を書くときの組み合わせ。 川柳誌を見て、適当な誌上大会などがあれば、詳細をザウルスにテキストで書き写していきます。 時間のあるときや、「作文」な気分になっているときにそれらを眺めては作句に取り組み …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly