川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

どう働くか、ではなく、どう見られるか。

投稿日:

働き方にこだわりを持つのは悪いことではない。

けれど、それについてばかり言及している人は、お客さんからの見られ方に対する意識が
低いようにも思える。

「ワーキングスタイルは理解出来ました、で、何屋さんなんですか?」

自分の仕事はサービス業そのもの、お客さんの声を大事にする。

経営者のための勉強会や研修といったものを、わざわざ泊まりがけでやることについては
懐疑的な意見をよく耳にする。「一泊二日で研修? 社長さんって、暇なんですねぇ」

勉強をする必要がないわけではなく、公言する必要はないと思うだけのこと。

そんなこと、お客さんは偉いだなんて思ってくれはしない。
社員さんだって、尊敬はしない。

「勉強してる」という言葉は、リーダーの立場にある人が使うと、未熟さを露見する結果に
なってしまいがち。たとえば「うちの会社のことは、コンサルと相談しながらやっています」
という言葉だって、お客さんや社員さんが聞くとどうだろう?

「~している」という能動ではなく「~されている(見られている)」という受身の形で
自分のことを客観的に眺める力、あるいは鏡となる存在を持つこと。

その重要性を認識している人は、ヒトとの繋がりの上を行き来するものが多いように思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕たちは失敗をする動物だし、許すことのできる人間でもある

「ごめんで済んだら警察はいらん」というのは確かにそうなんだろうけれど、「ごめんなさい」と「ありがとう」という言葉をまず最初に学んだ僕たちでもある。真摯な反省の後には再挑戦のできる土壌や空気、その余地を …

イルミネ。

写真にするといい感じ。

キリンビアパーク神戸。

試飲中。

炒飯。

食べたかった。

no image

ハサミと包丁が飛び交う兄弟喧嘩 -健康保険証を求めて。

古田選手のblogを読んで。 ワイドショーと報道番組の垣根が確かになくなってきているように思う。節操ないというか、くだらないというか。 若貴がどうしたの、こうしたの。 テレビ、それも、報道番組の役割っ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly