川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

どう働くか、ではなく、どう見られるか。

投稿日:

働き方にこだわりを持つのは悪いことではない。

けれど、それについてばかり言及している人は、お客さんからの見られ方に対する意識が
低いようにも思える。

「ワーキングスタイルは理解出来ました、で、何屋さんなんですか?」

自分の仕事はサービス業そのもの、お客さんの声を大事にする。

経営者のための勉強会や研修といったものを、わざわざ泊まりがけでやることについては
懐疑的な意見をよく耳にする。「一泊二日で研修? 社長さんって、暇なんですねぇ」

勉強をする必要がないわけではなく、公言する必要はないと思うだけのこと。

そんなこと、お客さんは偉いだなんて思ってくれはしない。
社員さんだって、尊敬はしない。

「勉強してる」という言葉は、リーダーの立場にある人が使うと、未熟さを露見する結果に
なってしまいがち。たとえば「うちの会社のことは、コンサルと相談しながらやっています」
という言葉だって、お客さんや社員さんが聞くとどうだろう?

「~している」という能動ではなく「~されている(見られている)」という受身の形で
自分のことを客観的に眺める力、あるいは鏡となる存在を持つこと。

その重要性を認識している人は、ヒトとの繋がりの上を行き来するものが多いように思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

会社近所の盆踊り大会。

あぁぁ、閑散としすぎー。

ほっこり、ほっこり。

お菓子の里@丹波篠山

no image

かつての教え子と酒を酌み交わす幸。

土曜日。 朝、合格証書を受け取ってご機嫌。それから、ふあうすとの句会にお邪魔して、夕方からはかつての教え子と夕食を共にしてまいりました。 転職を考えているならば・・・ と、少し、真剣にキャリアの築き方 …

心あるマーケティングとは ~「面白いお店だね」に始まって「ありがとう」までもらえるお店

神戸の元町商店街で商売を営んでいた父のお店には、ふらっと立ち寄られては「いつ来ても面白い商品の並んでいるお店だね」と声をかけてくださるお客さんがたくさんいた。 お客さんに喜んでほしいという延長にある、 …

大輔にも。

バワーを。 大声で応援中。出たかった、WBC。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly