川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

『付加価値』という言葉に踊らされ始めた経営者たち。

投稿日:

新しい業務相談、続々。

突き詰めていくと、「自社(自分の店)の強みは何なのか」に対する表現力が乏しく
この軸が決まらないことで、全体の士気やベクトルにも影響が出ていることが多い。

経営や商売を始めてしばらくすると、『付加価値』という言葉に踊らされてしまう
ことも原因の一つかもしれない。会話を分解していくと、抽象的なポイントや、矛盾点、
あるいは初心に立ち返ることが出来る。

軸があっての、付加価値。
インタビューの中で、無駄を削いでいく手法を、評価してもらう機会が増えてきた。

自分はこの軸を、強みにしていきたいと思っている。

「鏡になってくれ」と言われたときの、強いパートナーでありたいと願っている。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

朝靄の明石海峡大橋。

早速写真撮影。 朝の大蔵海岸は、涼しくて、優しくて、挨拶が楽しい。

歌の上手くならない川。

漢字では恩智川と書くんだそうです♪

no image

想。

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。 一年を思う。生きてくれたことを思う。 生きてくれていることを感じる。 繋がる場所に、逢えて、良かった。 いまも、これからも。

君に最後に会いたかったんだ。

0系。

no image

明石の駅前のタコヤキ屋には。

お客さんに自由に書いて貰える「タコノート」なるものが。 明石の人間の発想って、所詮こんなもんかと悲しくなった。せめてオイラも、「ゆでタコ日記」くらいにするべきだったか。 …ま、目くそ鼻くそですな。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly