川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

頭がいいなぁと感じる人が使う、カタカナ言葉。

投稿日:

会話の中に「ターゲット」という言葉が良く出てくる。
仕事が出来るなぁと思う人に、共通する点の一つ。
そして、そのターゲットに対する根拠を論理的に説明出来る人は、イメージした通りの結果に辿り着くことが多い。

広告の相談を受けるとき、だから僕は、必ずターゲットという言葉を多用する。
このキーワードから分解していくと、やるべきことと、やらないでいいことが整理されていく。

あとはやるだけ。
仮説を検証していく。
いわゆるPDCAやPDSといったサイクルの中に、日付を入れていく。

ゼロをイチにする、感覚的な発想力は重要だ。
広告を依頼してくださるパートナーの方には、まず、その部分を評価されるようでありたい。
そして、1となったものを10や100にしていくための材料の一つとして、上記のようなプロセスを、
僕は「表現力」を活用してご納得いただくようにしている。

広告や言葉のパートナーとして。
それが僕の仕事の進め方。

行動経済学や、心理学、国語力。

印刷という形だけのものでもなく、
制作という過ぎたプロセスだけのものでもない。

結果という未来へ一緒に走っていく、そんな責任感のある仕事に取り組んでいる。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

会社訪問。

『4Sの基本』を実施されている会社さんを訪問しています。見習うべきこと、たくさん…

心に元気を足す時間。

好きな音楽たちの映像を眺めたり。お気に入りの詩集を思うまんまに開いてみたり。 一日に、必ず一度は意識して作る時間。 満たされて今度は、さらにいいものを創り出せますように。

かずとよくんちよちゃん

今から高知城。

血の池バスクリン。

no image

壊れたように泣いた、何故。

分かれ道があって、二択。 選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。 恐れるよりも、行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly