川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

想。

投稿日:

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。

一年を思う。
生きてくれたことを思う。

生きてくれていることを感じる。

繋がる場所に、
逢えて、良かった。

いまも、これからも。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

太山寺奥の院。

ここが涼しいのです。川のせせらぎに、ひとり。

no image

散らし雨の重さのあとに、決意の色の風は来る

桜を叩くように、執拗な雨。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月3日 散らし雨の重さを背負って、咲いたばかりの薄紅たちが壁やアスファルトを泣くように染めていた。し …

no image

愛犬への祈りと、明示する僕らの次の行動指針へ。

愛犬じゅにあの具合がおかしいと実家からのcall。 慌てて、新神戸からのトンネルを抜けて明石へ戻る。その足で、夜間救急動物病院へ。 命にどうこうという症状ではなく、どうやら、また目を痛めてしまったらし …

ももたろー。

新幹線は、やっぱはええよ。

蛍をみにきました。

愛犬の御墓参りの帰り。 写真では真っ暗ですが、じつはホタルがたくさーん光っています。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly