川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

四季を巡る、それぞれの僕でいる。

投稿日:

春、暖かくなってきたのでさっぱりと刈り上げで。

夏、この暑さに負けないように短く刈り上げで。

秋、過ぎていく夏の背を惜しむようやっぱり刈り上げで。

冬、寒さに負けない自分を主張するべく夏のような刈り上げで。

四季を愛でる僕の、放つ、コトバたち。

床屋にて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

慈愛と哀れみの紙一重。

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっている …

もう、元気になっていく神戸を。

伯父の手術は成功したし、愛犬じゅにあの経過も良好。インフルエンザからも、街は立ち直っていく時期。 空が晴れ渡るように、このまま、いこ。 先週出会ったお客様は、趣味で染め物や編み物などをされるとか。作品 …

旗振山登山道。

いってきます。

no image

夜を越えて、ご褒美を目指そう。

4時ー。 夜もあっという間。もう少し効率良く時間を活用できるようにならないと。 金曜の夜はご褒美の焼き鳥といきたいなー。 もうちょっとだけ、がんばる。 出て来い、朝日!夜明けは近い!

no image

ひとつひとつの点を生きているということ ~地酒屋鳴門のマスターの急逝に

鳴門のマスターの訃報は誤報ではなかった。ショック過ぎる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人・コトバノ (@bata) 2017年11月25日 いま、どうして喪服を着て通夜式の会場に向かってい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly