川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

そこに穴があることを教えてくれて、いて。

投稿日:

「誰かが成功した」なんてのは、その瞬間からもう、過去の話。

大切なことは、繰り返される歴史の中で、やってはいけないことを
やらないようにすること。

消去法で潰していけばいいことを、耳障りのいい言葉に「あれもこれも」と
欲張ってしまい、専門性のない平凡な生き方になってしまう。

あの人がどんな山に登ったか、には目を向けない。
あの人たちが嵌ってしまった落とし穴、にはヒントがある。

削いでいく、とことんまで、削いでいく。
そして消去法で残ったものを、磨いていく。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

新築物件巡り。

連休3日目は、物件巡り。 不動産屋のHさん案内で、6件の物件。運転してもらって、物件の中を案内して貰うという形とはいえ、さすがに数が多いと疲れる。 帰る頃には咳が酷くなり始めた。 今の家賃の倍近くのロ …

no image

僕のボーイソプラノは死んでしまった

11月と2月に扁桃炎になりやすい僕は、特別に用心するのだけれど、やっぱり簡単にやられてしまう。 喉に滞在するイガイガとした侵入者のせいで、僕のボーイソプラノは死んでしまった。いつもと違う風を楽しんでみ …

no image

ASKAさんの700番 第二巻/第三巻を読んだ

僕は実際には彼の物を盗んではいない。ところが、彼は周囲に「西端に盗まれた」と言って回ったとする。弱い立場の人間の発する言葉はいかにも信ぴょう性があって、僕はいとも簡単に罪びとに仕立て上げられてしまう。 …

no image

駅メロ風にアレンジ演奏した明石音頭が、いつか本当に採用される日が来るのかどうか

夏祭りの時季だからか、「明石音頭」で検索して上位に表示されるこの記事へのアクセスが急増している。 明石の夏祭りといえば、この明石音頭が定番だった。僕たちは小学校のグラウンドに集まって、この音頭に合わせ …

no image

感情の総量、人間の器、万事塞翁が馬、そんな色々を考えてみた

何か月もずっと苦悩の海の底に沈んでいたことに、とある言葉の添えられたご連絡をいただいて、心は一気に軽くなった。 ただ、思う。この嬉しさは誰かの悲しみの代償に存在するものなのではないか。オリンピックでメ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)