雑記

そこに穴があることを教えてくれて、いて。

「誰かが成功した」なんてのは、その瞬間からもう、過去の話。

大切なことは、繰り返される歴史の中で、やってはいけないことを
やらないようにすること。

消去法で潰していけばいいことを、耳障りのいい言葉に「あれもこれも」と
欲張ってしまい、専門性のない平凡な生き方になってしまう。

あの人がどんな山に登ったか、には目を向けない。
あの人たちが嵌ってしまった落とし穴、にはヒントがある。

削いでいく、とことんまで、削いでいく。
そして消去法で残ったものを、磨いていく。