川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ある日、カリスマ経営者が死んだ  ― 僕は僕たちになるために

投稿日:

いわゆる「カリスマ経営者」と呼ばれる方のお話を伺うことがある。

経営者として学ぶことは多いし、人間としても尊敬出来るところがたくさんあって、
こんな自分に大きな刺激を与えてくれる。

一方で、そんな話を聴いていつも抱くのが「会社の顔=社長」になってしまっていて、
この人がいなくなったとしても会社は存続出来るのだろうか、という疑問である。

「自分はまだまだ元気だから」
「いつか、事業継承のことも考える必要があるけれど」
「人材育成はテーマの一つである」

こういう回答は確かに耳障りのいいものであるが、誤解を恐れずに言えば、
現実の先送りに過ぎないような気がする。

【最悪の事態を想定しながら、最良の結果を目指して取り組む】

原発の問題と同じく、いま、「会社の信用」という重大な問題に直面している
自分たちにとって、「自分が」ではなく「自分たちが」という主語を複数形にした
組織力の強化は、何よりも大切なことであると考えている。

小さな会社だから、こそ。

僕は、「僕たち」にならなければいけない。

動くことも、動かないことも。
すべては、その力を養うために求められること。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明日、お届けします。

ふあうすと川柳社、全国作家年鑑。 今年も無事、完成できました。 あとは、明日の納品のみです。 深夜の事務所にて。 みんな、頑張ってくれました。

明石市内の自動販売機限定。

タコ検定の告知。

男前豆腐。

最近はまりまくり。 これ食べたら他の豆腐は食べられません。

no image

シェフの気まぐれホットケーキと苦味の効いた胃薬。

中途半端に「残る」のも嫌いなもんで。 正月早々、ホットケーキを、「箱の粉目一杯」使って作ったんですよ。 いやね、それがね。 奴ら、ホットケーキってばね。   ふくらむ んですよ、製造過程におかれまして …

読書の秋と珈琲と。

@出口のない海(横山秀夫著)とキリン挽きたて微糖コーヒー。 青春の哀しみと命の重み。 『回天』に搭乗を決意した若者の決意の理由。じっくり読み込んでみたいと思います。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly