川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ある日、カリスマ経営者が死んだ  ― 僕は僕たちになるために

投稿日:

いわゆる「カリスマ経営者」と呼ばれる方のお話を伺うことがある。

経営者として学ぶことは多いし、人間としても尊敬出来るところがたくさんあって、
こんな自分に大きな刺激を与えてくれる。

一方で、そんな話を聴いていつも抱くのが「会社の顔=社長」になってしまっていて、
この人がいなくなったとしても会社は存続出来るのだろうか、という疑問である。

「自分はまだまだ元気だから」
「いつか、事業継承のことも考える必要があるけれど」
「人材育成はテーマの一つである」

こういう回答は確かに耳障りのいいものであるが、誤解を恐れずに言えば、
現実の先送りに過ぎないような気がする。

【最悪の事態を想定しながら、最良の結果を目指して取り組む】

原発の問題と同じく、いま、「会社の信用」という重大な問題に直面している
自分たちにとって、「自分が」ではなく「自分たちが」という主語を複数形にした
組織力の強化は、何よりも大切なことであると考えている。

小さな会社だから、こそ。

僕は、「僕たち」にならなければいけない。

動くことも、動かないことも。
すべては、その力を養うために求められること。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

淡路島の福良に来ています。

@ちりめんロード 今夜の花火大会を楽しんできます。 それまでは、食わねばモード発動です。暑い~!

懐かしくて優しい景色が音楽と詞でよみがえる、熊木杏里さんの歌声に昔へ運ばれる

シンガーソングライター熊木杏里さんの歌声に惹かれて、最近はベストアルバムを聴きながら仕事をしていることが多い。ここで試聴できるので、まずはその雰囲気と歌声を是非。 Best Album 風と凪熊木杏里 …

2009年走り始め。

@朝霧駅前。 ポニョー。 風邪ひいて、忘年会が続いて、仕事が忙しくなって。 全然走ることの出来なかった二ヶ月を取り戻そう。まずは7キロ走からだよー。

村上給食の昼ご飯。

怪しげなおかずが一点。何だろコレ?

no image

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。

5月3日、9時26分。 ひろ兄ちゃんは雲のない静岡の空に旅立っていきました。 苦しみを抑えるモルヒネを選択。数分後に心拍数が下がっていったことから察すると、本当にもう、ぎりぎりのところで気力だけで持ち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly