川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「淋しいですよね」 ― 陰口を連鎖させない、ツキを増やす言葉。

投稿日:

「西端さんのことをこんな風に言っていますよ」

そんな話を複数の人から聞くようになった。
最初はそれに腹も立てていたが、色々な人が同じようにそれを伝えてくれるということは、
結果、その方々は自分を支持してくれているということである。

「教えていただいてありがとうございます。淋しいですよね、あの人にそんな風に言われていると」

この返事が出来るようになって、向き合う相手との信頼関係はますます強くなった。

大切にしたい人が誰なのか、見えてくるようになった。
時間を費やしてはいけない相手が誰なのか、考えられるようになった。

起こることには意味があるんだな、と、思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

元気あればこそ、そのペース配分と取捨選択と。

文芸のコンクールは秋に行われることが多くて、僕たち柳人や歌人は、夏の間に訪れる締切に順番に作品を応募していくようになっている。 ブログを書くことやコンクールに応募することは「そんなことをしている余裕が …

神戸港。

納品中~

no image

自信を持つこと、自信を持ちすぎること、伝えるものではないこと、伝わるということ

自分という人間にこれっぽちも自信が持てないので、頼りにされ、必要とされると嬉しくなる。そうして引き受けたことの多くが同じ時期に集中してしまって、今度は、ただの無責任な人間になり下がってしまいそうなので …

明石市立夜間休日急病センター。

ゆうこさんが39度の熱。連れてきました。 === 明石市大久保町八木743-33078-937-8499山陽電車中八木駅から北へ徒歩5分(明石城西高校前)

no image

松山千春が人を殺さない理由。

― 人間が人間である限り、人を嫌いになるのは当たり前。だけど、その存在を否定することと、人を嫌いになることは意味が違う。 「なぜ人を殺してはいけないの?」 子供に聞かれて、答えられない大人がいる。答え …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly