川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「淋しいですよね」 ― 陰口を連鎖させない、ツキを増やす言葉。

投稿日:

「西端さんのことをこんな風に言っていますよ」

そんな話を複数の人から聞くようになった。
最初はそれに腹も立てていたが、色々な人が同じようにそれを伝えてくれるということは、
結果、その方々は自分を支持してくれているということである。

「教えていただいてありがとうございます。淋しいですよね、あの人にそんな風に言われていると」

この返事が出来るようになって、向き合う相手との信頼関係はますます強くなった。

大切にしたい人が誰なのか、見えてくるようになった。
時間を費やしてはいけない相手が誰なのか、考えられるようになった。

起こることには意味があるんだな、と、思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

新神戸オリエンタル劇場。

くるみスプリングカーニバル。 大家さんの娘たちのダンス公演。昨年に引き続き、感動的な時間でした。

no image

こじ開けることの出来ない、棺のフタ。

今もまだ健在な父ではあるが、週に3回の人工透析を行い、歩き方にも力がなく、母親と並んで歩いていると、知らない人からは、母の父親であるかのように誤解されることさえある。 そんな父は、自分が小学校3年生の …

no image

不況という言葉の響きの中で / 5年目のスタート。

社長になって4期目を終了。数字という結果だけを見た場合は、過去最高の一年になりました。 100年に1度の不況という言葉を言い訳にする人や会社が多かったことは、うちのような小さな(そして若い人間ばかりの …

ハバタンと営業中。

@丹波市柏原町

no image

大切な命を失ってしまったけれど 僕はこれからもここにいる。

えっと…。 ご無沙汰です。すっかりご無沙汰です。 喪失感がたまりません。今でも、泣いてしまうことがあります。三匹連れて散歩をしていたのが当たり前で、それが二匹になってしまった    不安定さ? 張り合 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly