川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

Hさんの錆びた自転車を通り過ぎていった外車と僕の今日までと。

投稿日:

西端、語らせていただきます。

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

自分って実は、二代目じゃないのです。
三代目、で、三枚目(うん)。

二代目は自分が社長になる一年前に社長になったばかり。
その人に引き抜かれる形で別の会社から移ってきたものの、入社してすぐに大喧嘩。

「おどれがそんなデタラメなやり方やるんやったら、わてが社長やったるわーい。出てけー」

と、言ったかどうかは忘れましたが。

入社して5ヶ月で社長になり、社長になって20日目に「お金、ないですよ?」と銀行から電話があり・・・。
追い出した社長以上にデタラメな経営をしていた自分でしたが、様々な経営者の生きざまを学び、見習い、
こんな風に自分は変わりましたー、という、よくあるような話なんて勿論するわけもなく。

・自分の基本にいつもある「こんな風な経営者にはなりたくないな」という反骨精神
・お客さんを大事にするのは当たり前なんだから、お客さんのお客さんを考えるココロ
・「社員」や「社員教育」という言葉を使いたくない自分への戒め

などなど、生意気を承知で、でも、生意気を応援してくださる方々の想いをのせて、
しっかり語ってみたいと思っています。

アウトプットな機会をいただけることは、自分の思考を整理するのに本当に有り難いこと。

貴重な貴重な時間を割いて集まっていただく皆さんのためにも、ひとつふたつのワークショップも用意して、
聞いてお腹いっぱいになるのではなく、聞いて動き出せるようなきっかけの種を植えられるような、
そんな内容を考えますので、良かったら是非、足をお運びください。

サラリーマン時代、営業で訪問した工場たちの夕暮れのなかを。

僕は、自転車を押すHさんと一緒に、駅に向かっていました。
油に汚れた作業服、カラカラと音を立てる古いタイヤ。

その横を、高級車に乗ったHさんの会社の社長が通り過ぎます。

「高そうな車ですね」
つぶやいた僕に、Hさんはとても淋しそうに、そして笑いました。

「社長、ですからね」

僕の原点から今日までと、
前川企画印刷のメンバーたちが取り組んでくれた、一つ一つの実践を。

ありったけの気持ちで、伝えます。

・・・怒られるかもしれないですが(汗)

お待ちしております。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

9月も終わりのこの頃は。

明け方の月は、東の空の、まだあんなところに。 --- ポニョー。今日はもうすこし、東へ行くよ。 帰りは電車のつもりなんだ。 楽だもんね。

いつもお昼休みを過ごすお気に入りの景色 -青と緑と-。

@神戸駅近く。 ベンチに背中を伸ばしながら。風は爽やか、太陽は優しく。

もうすぐ三十路ゆえに。

こんな本を読んでみる今日この頃です。

no image

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。

5月3日、9時26分。 ひろ兄ちゃんは雲のない静岡の空に旅立っていきました。 苦しみを抑えるモルヒネを選択。数分後に心拍数が下がっていったことから察すると、本当にもう、ぎりぎりのところで気力だけで持ち …

今から三田へ、雪国へ。

三田は雪が降っているそうです。神戸も少しだけみぞれが降りました。 山を越えて。 行ってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly