川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

Hさんの錆びた自転車を通り過ぎていった外車と僕の今日までと。

投稿日:

西端、語らせていただきます。

【語るよ】神戸で一番”さん”付けで呼ばれるようになった会社の秘密【熱いよ】

自分って実は、二代目じゃないのです。
三代目、で、三枚目(うん)。

二代目は自分が社長になる一年前に社長になったばかり。
その人に引き抜かれる形で別の会社から移ってきたものの、入社してすぐに大喧嘩。

「おどれがそんなデタラメなやり方やるんやったら、わてが社長やったるわーい。出てけー」

と、言ったかどうかは忘れましたが。

入社して5ヶ月で社長になり、社長になって20日目に「お金、ないですよ?」と銀行から電話があり・・・。
追い出した社長以上にデタラメな経営をしていた自分でしたが、様々な経営者の生きざまを学び、見習い、
こんな風に自分は変わりましたー、という、よくあるような話なんて勿論するわけもなく。

・自分の基本にいつもある「こんな風な経営者にはなりたくないな」という反骨精神
・お客さんを大事にするのは当たり前なんだから、お客さんのお客さんを考えるココロ
・「社員」や「社員教育」という言葉を使いたくない自分への戒め

などなど、生意気を承知で、でも、生意気を応援してくださる方々の想いをのせて、
しっかり語ってみたいと思っています。

アウトプットな機会をいただけることは、自分の思考を整理するのに本当に有り難いこと。

貴重な貴重な時間を割いて集まっていただく皆さんのためにも、ひとつふたつのワークショップも用意して、
聞いてお腹いっぱいになるのではなく、聞いて動き出せるようなきっかけの種を植えられるような、
そんな内容を考えますので、良かったら是非、足をお運びください。

サラリーマン時代、営業で訪問した工場たちの夕暮れのなかを。

僕は、自転車を押すHさんと一緒に、駅に向かっていました。
油に汚れた作業服、カラカラと音を立てる古いタイヤ。

その横を、高級車に乗ったHさんの会社の社長が通り過ぎます。

「高そうな車ですね」
つぶやいた僕に、Hさんはとても淋しそうに、そして笑いました。

「社長、ですからね」

僕の原点から今日までと、
前川企画印刷のメンバーたちが取り組んでくれた、一つ一つの実践を。

ありったけの気持ちで、伝えます。

・・・怒られるかもしれないですが(汗)

お待ちしております。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

ずっと続いた兄弟喧嘩 ~犬たちが繋いでくれた家族の距離

壮絶な喧嘩を目撃してしまった。 辺りに血しぶきが飛んで、骨と骨のぶつかる音が響く。彼女と思われる女性が「やめてよー」と必死で叫ぶものの、その声で男は余計に引けなくなっている。こういう時の男の態度は意地 …

死の数日前に届いた手紙、御仏前にて。

ようやく週末、ぐて。 明日は、新しい洗濯機がやってきます。といっても、去年購入したものがあまりに調子が悪いので、差額を払って、最新のものに交換してもらうことにしたのです。 何故か洗濯機とは相性が悪く、 …

FIRSTCLASS Zaurus SYNC Cable購入。

ザウルス(SL-C3000)用ケーブル。 パソコンのUSBポートに繋いで、充電とデータ転送が同時に行える、便利。伸縮するのが、気味が悪いくらい快感です。 ※追記  到着したその日に後継商品(リトラクタ …

経営者になってからの、同じ時間を生きてきた。

「西端さんが社長になった年のワインですー」と、うちのメンバーから。 素敵な誕生日プレゼントでしょ? 「努力・協調・創造」なんて校訓に、僕たち生徒は決して共感をすることがなかったように、 経営者の想いは …

ちから、でず。

ポニョー、注射をしてもらお。きっと良くなるよ。 良くならなくちゃ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly