川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

NとLの野球帽 - 2012

投稿日:

タイトルはCHAGE&ASKAさんの楽曲から。
通りがかった工場の景色が、ちょうど歌詞の世界を想起させた。

朝の通勤列車に向かう人の列。
決意や疲労に満ちた表情たちを眺めては、誰かの、誰かのための一生懸命の仕事が、納税に繋がり、
そして世界を回していくのだということを思い出すようにしている。

輪のなかにいて、経済。

自分を一生懸命になることも、また、復興のかたち。
わかりやすいから偉いのではなくて、繋がる場所にいるからこそ、未来もきっと強くなる。

一年は、まだ、ほんの。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

僕の目の前にいる人の時給は、いくらなのだろう。

仕事中の誰かの1時間を割くということは、その人の時給に相当するだけの何かを提供出来る自分でなくちゃいけないってことなんだよね。それを体感している人の言動や振る舞い、態度って、謙虚で美しいなぁと思う t …

no image

感情の総量、人間の器、万事塞翁が馬、そんな色々を考えてみた

何か月もずっと苦悩の海の底に沈んでいたことに、とある言葉の添えられたご連絡をいただいて、心は一気に軽くなった。 ただ、思う。この嬉しさは誰かの悲しみの代償に存在するものなのではないか。オリンピックでメ …

コリドラスの赤ちゃん。

3号水槽に隔離しておいたコリドラスの卵。 さきほど、無事誕生。 元気に泳いでます。

命からがら。

ホテル到着。

no image

傷の痛みも忘れるほどに、心癒される存在。

滑って転んで、手のひらを痛打。 皮がめくれて、血がどくどくと溢れ出しました。すごく痛かった…。 そして、その流れ出る血を見ては、すーっと意識が遠のいていく、アカンタレな奴です。 男だろうが、大人だろう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly