川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

線の見えない苦しみに。

投稿日:

この相談はこの人に、この相談はあの人に、なんて。

問題を切り分けられたら、ほとんどの悩みは解決出来る。
線が見えなくて、苦しんでいる人のなんと多いことか。

まず、最初に思い出してもらえる場所に。
広さを磨こう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

まだ誰も来ないオフィスでひとり。

トイレの鍵を閉めずに用をたす、そんなスリルを味わう男さ、俺様ってば。

no image

ひっくり返ってしまった亀はどうやって元に戻るのか ~助け合って生きていく

「頼まれごとは試されごと」という言葉については持論がある。 なにかを頼まれた側が、少し成長する自分のイメージを想い描いて動き出すときの言葉であって、何かを頼む側が便利に相手を利用するために使う言葉であ …

no image

走り抜けていく、一週間。

会社に、新しいMacを一台購入。 設備投資、人件費、社会保険、法廷福利。仕入れや機材に関係する費用… 経営って、お金がかかります。 支払いがなければ、経営って楽なのに(当たり前)。 日の出はもうすぐ、 …

スズメの子、そこのけそこのけ

じゅにあが通る。 わての行く道は、誰にも止められんでよ。

no image

鼻はいつだって、へし折られるように差し出さなければならない

決算に関する諸々が終わって、納付書ができた。あとは銀行に行って払い込みをするだけ。納付書の枚数は2枚ではなく5枚。5枚であることにほっとする。会社という人格が存在する意味を、会社そのものに与えてやるこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly