川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

将来はお茶飲み友だちになろうぜー、と、約束した彼の。

投稿日:

6月16日土曜日、本日。

島根県は出雲大社まで行ってきます。
目的は、当社のデザイン担当 @shigepyo の結婚式に出席するため。
(本格的な披露宴は秋に、神戸で)

奥さんとなる彼女は、元々は、うちの会社のホームページを見て、
お客さんとしてやってきてくれたのでした。

会社があったからこそ。
会社の雰囲気が、彼女の心に届く何かを持っていたからこそ。

育まれ、結ばれたふたりの絆。

そうやって考えると、
この会社が存在した意味は本当に大きく、実に実に感慨深いのであります。

「プロポーズ、受け入れてもらえました」
「式の日取り、決まりました」

いろんな「ほうれんそう」がありますが、
この報告は、社長をしてきたこれまでで、一番嬉しいものでした。

たくさん泣きましたよ。

別の会社でサラリーマンをしていたとき、同僚(先輩)だった彼は、
前川企画印刷に入社したのも自分より先で、
それでも、なぜか、いつも僕に対して敬語でいてくれて。

当時の社長と大喧嘩して、
売り言葉に買い言葉で「俺が会社をやったるわーい」と言った自分を
ずっとずっと支えてきてくれました。

そういう彼のことだからこそ(年上なんですけど)、
守ってやらないといけないし、
祝ってやりたいとも思うわけです。

そして、乾杯して、たくさん飲んで、語り合いたい。

いろんな方から、お祝い、お気持ちをいただきまして、ありがとうございます。

改めて彼から何らかのお礼などもさせていただきますが、
今は式前後のばたばたにつき、無礼欠礼などありましても、
何卒御容赦ください。

上も下もなくね。

今日は彼と彼女の晴れ姿、
しっかり見守ってきたいと思います。

社長ね。
もっともっと、もっともっと、
頑張らないといけないのですよ。頑張るのですよ。

そのための、心からのおめでとうを伝える、
そんな一日にしてきますね。

しんどいばっかりでもないよ、社長業。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

二日酔いの帰り道。

@明石駅前。 帰ってぐっすり寝ます。

no image

TomさんとAyameさんに心からエールを送りたい。

32歳で肺がんを告げられたAyameさん、それを支える夫のTomさん。Casa Esperanza、「希望の家」。 いま、お二人の闘いは一つの区切りを迎えようとしている。 死期が近いということを悲観的 …

診察券コレクション2006。

今年になってからだけで、6枚もの診察券をゲット。 これ以上薬漬けになるのはたまらんので、整形外科にはしばらく通って、リハビリを受けていくことになりました。 診察券も病院によって様々。 神戸市兵庫区前川 …

寝坊厳禁。

明日は、昔から兄妹のように接してきた従姉妹の結婚式。 原宿にて。 …やっぱ、食べなきゃなあ、クレープ。

山陽須磨、特急待ち。

潮の香り運ばれるホーム。 空に雀を聞きながら。山のあたりを眺めつつ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly