川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

それぞれの、相応の。

投稿日:

「食べ放題」や「おかわり自由」なお店だけを選んで通った大学時代、その仲間たち。あれから10年以上の時間が過ぎて、久々の再会は居酒屋。外見もおっさんそのもので、会話も年齢相応のくたびれたものになってしまうのは必然。焦りを覚えていながら、改善の一歩を踏み出せないことも、それぞれに同じ。

それでも。

お互いの変わらない部分に安堵して、何でも話し合えることが嬉しい。建て前に生きて、社交辞令で飾りあってる。その束の間の、本音、本音。

何をどんな言葉で伝えても許しあえる、その線も心得ているからこその解放感。背伸びも飾りもなく、お互いのアレコレに言及しあった。一生の仲間、ずっと大切にしていたい。

帰りの電車では、もう、いつもの顔に戻って仕事のメールを書いていた。
与えられていることに感謝しながら。ここに並んでいられるよう、頑張ろうと思いながら。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

一生懸命に準備をして思い切り喜んだり悔しがったりすることを心は求めたがっている

今日が本番の楽譜を書き換えたり、お客さんにメールを送ったり、コピーを書いたり、経理仕事をしたり、電話をしたり、入札中のオークションが落札できたらいいなーと眺めてみたり。 脳みそのあっちこっちに光が灯っ …

no image

12月の満月、犬とさかなとクリスマスリース。

2時就寝、も、4時半に目が覚める。読書が進む進む。 東野圭吾さん「白夜行」。章末毎に感嘆の声。 点が線になっていく瞬間。深すぎる。 今日は大潮(満月)。 予想通り、今日もコリドラス(熱帯魚)たちが卵を …

no image

緑色のオーラ、それは死を告げる謎の影。

ちょっと、気になるコト。 まだ4歳くらいの頃なのですが、ある日、友達の家に遊びに行って、ふとおばあちゃんの部屋を覗くと、座ってこちらを向いているそのおばあさんの周囲に緑色のオーラが見えたことがあります …

no image

経営指針書 ― 経営理念と行動指針 ~ 前川企画印刷では。

本日のblogは、自分たちメンバーにとって重要な話し合いの備忘録として残すものです。 いつでもメンバーに今日の気持ちを思いだして欲しくて綴ったものですので、興味があれば、メンバー以外の皆さんにもご覧い …

no image

凧にカメラを吊り下げて撮影する「カイトフォト」の写真たちに人間の大小を思った

明石出身のヤマナカタツヲさんのサイト。 風とレンズの向くままに【Kite Aerial Photography】 神戸新聞で知ったその存在。凧に小型カメラを吊り下げて撮影する「カイトフォト(KAP)」 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly