川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

それぞれの、相応の。

投稿日:

「食べ放題」や「おかわり自由」なお店だけを選んで通った大学時代、その仲間たち。あれから10年以上の時間が過ぎて、久々の再会は居酒屋。外見もおっさんそのもので、会話も年齢相応のくたびれたものになってしまうのは必然。焦りを覚えていながら、改善の一歩を踏み出せないことも、それぞれに同じ。

それでも。

お互いの変わらない部分に安堵して、何でも話し合えることが嬉しい。建て前に生きて、社交辞令で飾りあってる。その束の間の、本音、本音。

何をどんな言葉で伝えても許しあえる、その線も心得ているからこその解放感。背伸びも飾りもなく、お互いのアレコレに言及しあった。一生の仲間、ずっと大切にしていたい。

帰りの電車では、もう、いつもの顔に戻って仕事のメールを書いていた。
与えられていることに感謝しながら。ここに並んでいられるよう、頑張ろうと思いながら。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

波は空を、星は明日を。

学校帰りの夕暮れテトラポットの砂浜で目を閉じていると 静寂、暗闇、そして… 星空 詩の中に 自分がいるようでしたドラマの中で 何かを演じているようでした どれだけ背伸びをしても 文句を言う人は誰も居ら …

no image

名前の中にある、愛や希望。

この時期、卒業証書や名簿など、「名前」に関する仕事をさせて頂くことが多い。 入力に徹していれば、それは単なる「文字の羅列」でしかないのだけれど、一つ一つの文字に込められた親御さんの愛情や想いを感じ取り …

弟の店。

今から見舞いに行ってきます。

ボルタレン追加。

痛み止めにボルタレン貰いました。 背中の痛み、相変わらず。長引くなぁ…

no image

上手にフォークやナイフを使うことよりも、笑って「おかわり」を言える自分でありたい

口角を上げて笑うことを意識している人に会うと、自分のトークでは自然な笑みをこぼしてくれないのだなぁという気になる。 [川柳]ジョーカーのいない笑顔は信じない | 短歌と川柳とマカロニと 礼儀や作法やマ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly