川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

立ち退きを求められている、僕を形成している場所。

投稿日:

神戸、元町商店街にある母の店は、実はいま、立ち退きを求められている。

様々な事情があることは承知しているけれど、物心ついたころからの、父と母と弟と、それぞれの色や声、表情、思い出の詰まる物質的な場所がなくなろうとしていることは悲しい。父なら、こんな話の出てきた時どうするだろうと、ずっとそればかりを考え続けてきた。365日店を開けていた父の思い出は、やっぱり、商売人の姿そのもので、自分の原点にも憧れにもなっている。時々、母の様子を覗きに立ち寄っては父の気配を感じて、あの日あの時の接客を思い出したり、陳列の意味を考えてみたり。時間が経って、理解出来るようになったこともたくさんで、僕はいつも、その遙かなる背中への問いかけを止めることが出来ない。父は沈黙のままに、商売の本質を今でも僕に教え続けてくれている。

今夜は元町商店街のお祭り。
一年に一度、きっと、一番人の集まる日で、それがなんだか嬉しくて、毎年時間の許す限り足を運ぶようにしている。父は、簡単には破れない「ポイ(網)」を何処かから仕入れてきて、誰がやっても何十匹と掬うことの出来る金魚掬いで人をたくさん集めていた。父は、とても嬉しそうだった。

商品と引き換えに、お金をいただく。父が「ありがとうございます」と言うのと同時に、お客さんからも「ありがとう」という声の返ってくる、そんな接客や商売の在った場所。今夜もまた、集まる人たちを眺めて、父に(良かったなぁ、今年も)と話しかけることにしたい。父はどんな顔をして頷いてくれるのだろう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

優しい空。

ゆっくりと、一日の終わりへと向かっています。

no image

支えてもらって、一人ではない自分であるということを。

散髪をして髪を切り揃えると、ところどころに白いものが目立つことがあります。 昔からそう。 抱え込むものが多くなると、髪の毛は忠実にご主人様の心に反応し、シグナルを示し始めます。  (心を養生してあげな …

短歌入賞のとても丁寧な賞状と記念品をいただいた! 八百津町に行ってみたくなった!

先日この記事で、短歌で賞をいただいたことを書きました。 八百津町杉原ウィーク2015短歌大会、佳作入賞しました! 嬉しいよ! | 川柳をこよなく愛する明石のタコ あいにく表彰式には出席できなかったので …

神戸港。

納品中~

四丁目。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly