川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

【嬉】川柳から短歌への挑戦、尼崎市文芸祭短歌部門入賞!

投稿日:

応募していた尼崎の文芸祭、短歌部門の佳作入賞通知が届く。

「川柳家」を自称していてそっちがダメだったのは複雑な気分だけれど、はじめて応募した短歌で結果が出せたのは嬉しい。川柳よりは字数が多い分だけ、つい、説明がちな表現で余韻を潰してしまうのが「川柳→短歌」な人間には難しいところ。表現の世界での実績も重ねて、イメージする「つぎの世界」に展開しやすくなればいいな。

十階 短歌日記2007(東直子さん)は、今年読んだ歌集のなかでは特にお気に入りの一冊。短歌そのものは勿論、それに添えられている散文の雰囲気が、一年の経過を艶っぽく伝えてくれる。「新しいことを始めてみたい」「継続してみたい」「表現してみたい」と思う方のスイッチオンの一冊として。

秋の夜長へ、いろんな準備も進めていこう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

おかげ横丁にて。

人に酔っております。

先鋭的絵画との出会いの夜に。

ポニョー。 今日は色々あって疲れたんだ。汗をかいて、明日の希望を探さなくちゃね。 この絵を描いた人には、 『意識してないってことはないよね?』 そう、3回ほど、問い詰めてみたいんだ。

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

YOSAKOIと阿波踊りは違います。

YOSAKOIやってるよ、と呼ばれて行きましたが何故か、阿波踊りをやるものだとばかり勘違いしていました。 迫力があって楽しかったです。

大阪空港。

お見送り。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly