川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「誰でも3秒でアイドル気分を味わえる方法」・・・はさておき。

投稿日:

「電気シェーバーを両手で持って顎の辺りを剃ると、アイドルっぽい気持ちになれますよ」

そんなネタを温めたまま、10月を迎えることになった。世の中の大半を「どうでもいいこと」が占めているのだとすれば、僕の主成分もやっぱりそうで、時々は「どうでも良くないこと」の所在を確かめておきたくなる。ところで「電気シェーバー」の「電気」は蛇足のような気がするがどうか。

この夏は、いろんなことがあった。信念、生命について考えさせられた。どんな壁にも道はあると信じて、そこから逆算するのを常としていたはずなのに、すべてを捨てて、逃げたくなった。しんどかった。プライドや価値観を歪めて、無理に自分を適応させようとすると、壊れる。喜怒哀楽を出すことは、平静を保つために必要なことなのだと、36歳になって知ったような気がする。

挑戦したいことはいくつもあるし、しなくてはならない。
会社を継いだときに考えていた「三十代後半」の生き方と見せ方を、意識していく必要がある。あの頃呆れていた、言い訳の上手な大人になっていないかどうか、むかし見据えた理想を、いつも自問しながら行動していきたい。

充実の秋にする、食欲は食欲で、認めるとして。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

らしく、あかるく、あたたかく。

連休の最終日に葬儀、深夜に明石に戻ってきました。 静岡にいる間はほとんど寝ていないので、さすがに疲れました。しばらく目眩と熱が続きましたが、土曜日になって落ち着いてきた模様。 いろんな人に気遣っていた …

鬼山地獄

鬼のへそ。

no image

どっちでもよかった、聞きたくなかった。

神戸中央市民病院で「耐性緑膿菌」検出、入院の6人死亡 父の病状の悪化の中で、医師は白血球の値の激減と抗生物質の効きにくさを何度も不思議がっていた。 そして、胸騒ぎのするニュース。内容やタイミングが合致 …

溢れ出す、ほんの少しのそれを、すこしずつ。

心から、祈っています。 メールに添えたら、「神社仏閣巡りが趣味じゃなかった!?」 んじゃー、これこれ、これでどう? 「なんかねぇ、素材っぽくて、面白くない」 祈るのも、一苦労(笑) 祈り方も、想い方も …

no image

心臓の止まりそうな夜明けと、憤りに疼く夜更けと。

明け方に胸が苦しくなって飛び起きた。 かなりストレスを自覚している時期に同じようなことはあったものの、今回のようなタイミングで生じるのは恐い。朝、しばらく静養してから出社することにした。寝不足? 気合 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly