川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

うばー、ぼんどだ。ぎんもぐぜい、いいがおでぃでずねぇー

投稿日:

「うばー、ぼんどだ。ぎんもぐぜい、いいがおでぃでずねぇー(うわー、ほんとだ。金木犀、いい香りですねぇー)」

秋花粉に苦しむ鼻で、金木犀の香りにリアクションすることには無理がある。
営業の立場で仕事をしていると、相手に合わせなければならないという強迫観念から、つい「大人の仮面」を被ってしまうことがある。仮面同士の付き合い、それは本質とはかけ離れていて、往々にして、その付き合いは疎遠になってしまうものだ。鼻声の自分を認めてもらって、可愛がっていただく。そちらの方が、どれだけ楽で、本音の付き合いを続けていくことが出来るか、気付いてからは肩の力が抜けていったのを覚えている。

受け入れられようと背伸びをするのではなく、等身大のありのままを受け入れてくれる場所を見つけていく。「仕事のために」というよりも、「にんげんとにんげん」という関わりをしていくために、まず、かかとをきちんと地につけていくことは大切。万人に好かれようとすることは、それは自らの浅さを認めるようなものだ。

金曜日。
鼻水のままを受け入れてくれる場所へ向かいながら。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

人に気持ちいいこと、ハスキー犬に気持ちいいこと

人間に気持ちのいいことは、ハスキー犬にだって気持ちがいい。頭、くわーっとなって、顔、ふにゃーっとなって。 100人がいて、100人が心地良いと思うことを見付けるのは至難の業だ。万人受けしようとする商売 …

no image

口の周りにソースをつけてみよう。

「形から入るな」というのは正論だと思うし、そうすべきだと思うけれど、「形から入るのが好きなんですよ」と言える人のほうが可愛がってもらいやすいというのもまた事実。食事のマナーはきっちりすべきだけれど、マ …

やどやどー。

阪急梅田。

トイレットペーパー配ってました。

no image

僕たちは失敗をする動物だし、許すことのできる人間でもある

「ごめんで済んだら警察はいらん」というのは確かにそうなんだろうけれど、「ごめんなさい」と「ありがとう」という言葉をまず最初に学んだ僕たちでもある。真摯な反省の後には再挑戦のできる土壌や空気、その余地を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly