川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

うばー、ぼんどだ。ぎんもぐぜい、いいがおでぃでずねぇー

投稿日:

「うばー、ぼんどだ。ぎんもぐぜい、いいがおでぃでずねぇー(うわー、ほんとだ。金木犀、いい香りですねぇー)」

秋花粉に苦しむ鼻で、金木犀の香りにリアクションすることには無理がある。
営業の立場で仕事をしていると、相手に合わせなければならないという強迫観念から、つい「大人の仮面」を被ってしまうことがある。仮面同士の付き合い、それは本質とはかけ離れていて、往々にして、その付き合いは疎遠になってしまうものだ。鼻声の自分を認めてもらって、可愛がっていただく。そちらの方が、どれだけ楽で、本音の付き合いを続けていくことが出来るか、気付いてからは肩の力が抜けていったのを覚えている。

受け入れられようと背伸びをするのではなく、等身大のありのままを受け入れてくれる場所を見つけていく。「仕事のために」というよりも、「にんげんとにんげん」という関わりをしていくために、まず、かかとをきちんと地につけていくことは大切。万人に好かれようとすることは、それは自らの浅さを認めるようなものだ。

金曜日。
鼻水のままを受け入れてくれる場所へ向かいながら。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

加古川の日光山常楽寺で巡るミニ四国霊場八十八ヵ所 ~生きるは目的、祈るは手段

加古川、日光山常楽寺。 日光山常楽寺|NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」黒田官兵衛と光ミニ四国霊場八十八ヵ所 … 寺の裏山にはミニ四国霊場八十八ヵ所巡りがあって、お地蔵さんそれぞれの表情を楽し …

no image

相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口

批判が人を育てるということはある。それでも、その批判は限度や節度、礼儀のあるものでなければならない。相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口。悪口は彼を彼女を追い詰め命を奪ってしまう可能性すらある。僕 …

伊川谷 DRAGON HILLS

雰囲気が良すぎて落ち着きません(泣)

no image

ガチャピンとムックを奪った、誰かを叩いては安心する僕たちのこと

学校に行く前の番組はもっと、子ども向けのものが多かったような気がする。いつから、人の批判や噂話の類の内容で埋め尽くされるようになってしまったのだろう。ガチャピンやムックのような存在は、今の時代の子ども …

東へ向けてジョギング中 朝霧のあたり。

先週は西へ、今週は東へ。 体を動かす朝が、本当に気持ち良い時期です。がんばり中!

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly