川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

書きすぎない文字と文字の間に。

投稿日:

同友会青年部の沼さんに教えてもらって発注していた南壽あさ子さんのLandscapeというCDが届いた。ご本人の奏でられるピアノと透き通る歌声が心をほぐしてくれる。世の中には色々な自己表現があって、なかでも、自分と波長の合うそれと出逢えたときの感動は何物にも代えがたい。

NHK短歌の短歌de胸キュンというコーナーに応募していた作品が入選したと、番組のディレクターの方からお電話をいただいた。1/27の放送で紹介されるらしい。あちこちでそれを嬉しい嬉しいと呟いていたところ、次の仕事に繋がる話が幾重にもなった。言葉、表現の仕事を増やしていくにあたって、わかりやすい実績は大切だろうと考えていた仮説が年頭から早々に証明されたのは嬉しい。たとえば経営者が、経営者同士で認め合う言葉を選ぶより、「伝える相手は誰で」「その人はどう受け止めるのか」という受け身の立場を想いながら言葉を選るほうが、組織も業績も良くなるのではないだろうか。「伝わっているはず」という思い込みを排除する、そんな鏡の存在になりたい。言葉の力を通じて、今年はもっと。そのための次なる目標も、必ず実現してみせる。

川柳とあわせて、短歌で綴る何気ないこと、大切なこと。
その雰囲気や行間のなかに自分を見つけてもらえるときが、いまもいままでも、一番嬉しい。
溢れ出るものに共感や感動を覚えては楽しみにしてくださる、そんなひとつひとつのリアクションに、心から感謝。

短歌でつぶやき

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

見ておきたかった。

東京駅の車止め。

桜のシャワーの中をいったのは。

庭のサクランボが、満開になって春を告げてくれた。 雨に散ったら悔しいって。少し、うつむいた表情をして耐えていたのは、昨日の夜のこと。 3月の空は、複雑だ。 去年は今ごろ、父の手術がうまくいって喜んでい …

no image

生まれられなかった、だけど、生きたことを。

繰り返し震える携帯電話。 メールを読み、すぐに電話をかける。 それは、予定よりかなり早めの出産と、天国への旅立ちを告げる2つの命の物語。 複雑な思いと寂しさの中で、手続きの流れを調べてやってメール。励 …

no image

生前の祖母にもらった数珠を手に ~あっちの世界とこっち側の人間と

祖母の四十九日法要。 小さな骨壺に納まった僕のルーツを眺めながら、この御香や読経はどんな風に届くのだろうと想像をする。この「ギシキ」に意味があるのだとすれば、形式が途絶えてしまういつか未来に「あっちの …

滴り落ちてます。

うちの熱帯魚を泳がせてみたい衝動にかられています(死んじゃいます)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly