川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

組織が機能しているということ。

投稿日:

「これはいいな、書いて伝えたいな」と思うことであっても、自分の足元が固まっていなければ口先だけの人間になってしまう。「ブログに残したいな」と思うことであっても、優先すべきことは他にもたくさんあって、タイミングを見失ったままの骸たちは下書きフォルダに眠っている。

自分は見られている。

その意識が行動を律することにも制約されることにも繋がっていて、一歩目をいつも躊躇してばかり。本当は「このタイミングで書いているとどう思われてしまうだろうか」ということよりも、いつ、何を書いて伝えてもスムースに受け入れてもらえる、そんな毎日と内政の充実を図るべきなのに。

同友会、青年部例会の司会を終えた。

人前で話すのが大好きで、こんなチャンスをいただけることが本当に嬉しい。労いや感謝の言葉がいくつも並んで、チャレンジは報われた。

組織が機能していて、リーダーシップが出来ていると、人は自然とそれに添いたくなる。組織というセーフティネットが出来ているからこそ、より志の高い真摯な意見交換も出来るというものだ。

「学ぶ」という曖昧な言葉で終わるのではなく、ここは、早速行動をしてみようという想いにしてくれる場所。飾るよりも実をとる、そんな空間にいる喜びを覚えた。与えてくれたすべての人に感謝したい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

山地獄。

コメントも浮かばぬ暑さと食べ過ぎの苦しさ。

フラワーアレンジメント。

の、ショーにやってきました。手先器用に、花を愛でる感性をお持ちの方って素晴らしいですね。 隣でやってる試食コーナーに興味津々。花より団子であります。

no image

なにをしてやれば。

家族の立会いを求められた医師からの説明。 伝え聞いた話では、父は、五体で在りたいことを主張して、五体でないのであれば、と、嘆願を繰り返した。 弱虫は父親譲り。 だからいやだね、僕を流れる血は、絶望的な …

愛車と過ごした7年とお別れの一日と

7年間走り続けてくれた愛車とお別れしてきた。 12万5千キロ。この距離の半分以上はお叱りとご指導をいただくためのものだった。残りの距離は、それでもチャンスを与えてくださる方々の心を想うためのものだった …

廃墟になったままの…。

廃墟になったままの、明石駅前ダイエー跡地。 高校の帰り道、1番遊んだ場所で 今でも昨日の記憶に、制服と、無邪気な声のあるままなのです。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly