川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石妙見社 – ストレスを吐き出すことの出来る場所。

投稿日:

ツツジで有名な明石の妙見社。

石田三成に仕えた軍師、島左近が尊像されている。明石の柳人として有名な助川助六さんの「どの鯛も明石で獲れた貌をする」の句碑があるのもこの境内で、明石の観光コース「時の道」沿いに位置する。

語りかけてくるこのノートの存在が嬉しい。開けば、優しさに満ちた言葉が並ぶ。きっと、表紙のこの言葉で、誰のストレスも溶けてしまったのだろうな。

たとえば「仕事がたくさんあってしんどい」は、「仕事がたくさんあって有難い」と表裏一体の言葉。どんな事象も、語尾を「有難い」に繋げれば景色の色は変わる。

捉え方一つであること。
こぼれてきてしまいそうな蒼は、青に出来るのだということを知ったある日の散歩道。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

トヨタの見学。

ではなくて、三田アウトレットモールにやってきました。

SAで食べ過ぎましたが。

個室に用意された豆乳すき焼きは別腹で。

MOVIX六甲。

名探偵コナン、観て帰ります。

12月句会。

参加中。ぎりぎりで書き上げました。

サンマルクの。

最近、店内で見掛ける文章が、文法も表現も上手ではなく…。 気になります。 こういうことしてると、勿体ないなぁ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly