川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

慈愛と哀れみの紙一重。

投稿日:

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっているとわかったら、やっぱり悲しい。優しそうに見える残酷と、残酷に見える対等であれば、僕は後者を選びたい。わかってくれなければ仕方がない。

書く仕事をしていると、使ってはいけない言葉というものが出てくる。たとえば「チビクロサンボ」という言葉は人種差別に繋がるということでNG。本当の差別とは、この言葉を使うことではなく、この言葉が差別語であると決めることなのに。ひとと何かが違うことを「格差」だと思うか「個性」だと思うのか。(このひとは、そういう風に考える人なのかぁ)と思って寂しいこともあれば、(しまった、こういう考え方をしている人間だと思われたのではないか)と焦ってしまうことも。

ひとはひと、自分は自分。「人それぞれ」という言葉を、呪文のように繰り返すことにしている。けれども、僕だってまだまだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

帰宅して特等席。

運動会を眺めつつ。

熱をも吹き飛ばす、新しい刺激の夜は。

今日の同友会は、顧問税理士川口さんの発表でした。 知っているようで知らない事情、苦悩、展望、野望。横にいていろいろな話を聞いていると、違う一面を見たようで「ほほぉっ」とした気持ちになってしまいます。 …

指宿ロイヤルホテルにチェックイン。

部屋のベランダから眺める海と夕日。 飛行機の疲れが取れず、砂蒸し風呂は明日行くことに。ホテルの大浴場に行ってきます。 晩飯は1945から。 「食わねば」

明石名物・風に揺られる干しダコ。

明石ならではの光景です。

南風伊川谷店。

5月1日オープン… でも、店員さんのレベルがちと低すぎかも。お酒の種類も少ないので、近隣のお店の方が落ち着けるかと思います。 まずは店員の言葉遣いや接客方法など見直すところからかもしれないですね。 ち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly