川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

慈愛と哀れみの紙一重。

投稿日:

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっているとわかったら、やっぱり悲しい。優しそうに見える残酷と、残酷に見える対等であれば、僕は後者を選びたい。わかってくれなければ仕方がない。

書く仕事をしていると、使ってはいけない言葉というものが出てくる。たとえば「チビクロサンボ」という言葉は人種差別に繋がるということでNG。本当の差別とは、この言葉を使うことではなく、この言葉が差別語であると決めることなのに。ひとと何かが違うことを「格差」だと思うか「個性」だと思うのか。(このひとは、そういう風に考える人なのかぁ)と思って寂しいこともあれば、(しまった、こういう考え方をしている人間だと思われたのではないか)と焦ってしまうことも。

ひとはひと、自分は自分。「人それぞれ」という言葉を、呪文のように繰り返すことにしている。けれども、僕だってまだまだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

梅田茶屋町周辺。

帰りを急ぐ人、今からを楽しむ人。 新しさと旧さの町並みの中で。いろんな人の思惑と呼吸。

川柳に向かう姿勢、感謝の余韻

父が亡くなったとき、自分でも納得のいく句をたくさん書くことができた。以来、句作に納得がいかなかったのは、それだけ心に触れることが少なかったということなのかもしれない。 生き方。会いたい人に会って、その …

no image

夜を越えて、ご褒美を目指そう。

4時ー。 夜もあっという間。もう少し効率良く時間を活用できるようにならないと。 金曜の夜はご褒美の焼き鳥といきたいなー。 もうちょっとだけ、がんばる。 出て来い、朝日!夜明けは近い!

アスファルトに生えるセミを見たか。

玄関先に置いてある睡蓮が花を咲かせた。 夏を涼しくしてくれる景色。葉ばかりが伸びて駄目かと思っていたので嬉しい。 納涼アイテムといえば、近所に、とても気持ちのいい音色の風鈴が売られているのを見つけた。 …

焼酎な土曜日。

明日は一日オフ。 ぼけーっと過ごすために、今日はゆっくり焼酎を飲みます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly