川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

慈愛と哀れみの紙一重。

投稿日:

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっているとわかったら、やっぱり悲しい。優しそうに見える残酷と、残酷に見える対等であれば、僕は後者を選びたい。わかってくれなければ仕方がない。

書く仕事をしていると、使ってはいけない言葉というものが出てくる。たとえば「チビクロサンボ」という言葉は人種差別に繋がるということでNG。本当の差別とは、この言葉を使うことではなく、この言葉が差別語であると決めることなのに。ひとと何かが違うことを「格差」だと思うか「個性」だと思うのか。(このひとは、そういう風に考える人なのかぁ)と思って寂しいこともあれば、(しまった、こういう考え方をしている人間だと思われたのではないか)と焦ってしまうことも。

ひとはひと、自分は自分。「人それぞれ」という言葉を、呪文のように繰り返すことにしている。けれども、僕だってまだまだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

雨、落ちて、その音を聞くたびに

雨、落ちて、その音を聞いている。 粒のなかにある原子は昔から、いろいろなものを形成して今日までの歴史を流れ続けてきた。誰かの涙になったこともあっただろうし、汗になって土に染みたこともあっただろう。視野 …

no image

紙切れ一枚で年金の貰える額が変わります。

と、ある年金相談へのご回答。 某氏のブログのコメント欄に返信しようとしたのですが、文字数制限に引っ掛かってしまったので、こちらにてオープン返信です。内輪ネタで失礼!(汗) ============== …

no image

未来は今を、恨めしく思うだろうか

虫だけが秋を歌って、海峡を渡る汽笛がかすかに聞こえる。やがて朝のバイクがやってきて、カラスたちが存在を知らしめるような声で街を賑やかにする。明け方の4時や5時くらいにはいつもtwitterやFaceb …

連れてきてくれてありがとう。

ご苦労様。

龍野西SA。

岡山まで、風呂入りにいってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly