川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

慈愛と哀れみの紙一重。

投稿日:

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっているとわかったら、やっぱり悲しい。優しそうに見える残酷と、残酷に見える対等であれば、僕は後者を選びたい。わかってくれなければ仕方がない。

書く仕事をしていると、使ってはいけない言葉というものが出てくる。たとえば「チビクロサンボ」という言葉は人種差別に繋がるということでNG。本当の差別とは、この言葉を使うことではなく、この言葉が差別語であると決めることなのに。ひとと何かが違うことを「格差」だと思うか「個性」だと思うのか。(このひとは、そういう風に考える人なのかぁ)と思って寂しいこともあれば、(しまった、こういう考え方をしている人間だと思われたのではないか)と焦ってしまうことも。

ひとはひと、自分は自分。「人それぞれ」という言葉を、呪文のように繰り返すことにしている。けれども、僕だってまだまだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

体力や感性の衰えを補っていくということ ~目立ちたがり屋の僕が我慢をして

「テストの成績が酷いのだから、目立つことはやめなさい」と、母や学校の先生に言われたことがある。実際、高校の時は、生徒会長選挙の直前に、立候補を断念するよう職員室に呼ばれたくらいだ(立候補するつもりはな …

飛行機の悪夢から僕を救ってくれたのは、そして師走の。

以来、すっかり白熊が恋しくて困る。 空港での緊張感も、飛行機での吐き気も。全部癒してくれた、白熊。 今となっては、時間に追われながら食べたあのボリュームさえも懐かしい。 九州新幹線が開通したら、また、 …

no image

職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像

あるイベントの打ち上げで、テレビ番組でも活躍されている女性タレントさんたちと飲みに行ったことがある。 場を和ませるトークは無論、食べ過ぎない程度にバランスよく食事を摂ってプロポーションを維持しようとす …

南朱雀洞。

歩き疲れました…

本日の村上給食(写真付き)

今日も見た目では何かわからないオカズが一品。これで380円です。 皆さんのところはいくらでしょうか?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly