川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

投稿日:

新緑が目に染みて、気の満ちた空。それが追い風か逆風なのか気にせぬまま、鯉は上手に身体を翻らせて空を泳ぐ。立ち位置次第で冷たくも温かくもなる風、時々は休んでみたりもして▼子どもの頃、土曜日の放課後は無限大だった。ランドセルを捨てて走り出してから、暮れるまで続く歓声。忙しさを言い訳にして、いま、大人になった自分は毎日にどんな節目を意識出来ているのだろう▼気がつけば5月、折り返しももうすぐ。この立ち位置を思う。

鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

月刊ふあうすと 2013/5月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】夕焼けの具材になって包まれる   ばた

一日の仕事を終える頃の西の空。 汗も、やれやれも。くたびれた顔も、やり終えた顔も。 夕焼けの一つになって、夕焼けに溶け込まれて。 ほっとした、景色の中にいるのです。 ===   【特選三】夕焼けの具材 …

no image

川柳の作り方 / 川柳誌、無料で差し上げます。

今週の土曜日は、久しぶりに地元・明石蛸壺の会の川柳句会に顔を出そうと思っている。そこで、今日は川柳句会について少しだけ。 予め用意されたお題に対して、3つずつ句を考えて持っていく。匿名で用紙に記入して …

【川柳】ホスピスの亀 生きているそれだけで   ばた

ホスピスの真ん中、水槽。 集う人みんな、興味深そうに覗き込む。亀は、少し何かを期待しながら首を伸ばしている。 ただ生きている、それだけのこと。 そして命は、みんなを和ませている。 同じ時代を共有して生 …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

no image

【川柳】持ち方を叱られた箸骨拾う   ばた

4月に亡くなった祖父。 いつも優しい、そして、厳しい人でした。幼少の頃、テレビを見ながら食事をしていると、それだけで怒られたり、箸の持ち方を怒られたことが忘れられません。 激動の昭和を生きて。すっかり …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly