川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

投稿日:

新緑が目に染みて、気の満ちた空。それが追い風か逆風なのか気にせぬまま、鯉は上手に身体を翻らせて空を泳ぐ。立ち位置次第で冷たくも温かくもなる風、時々は休んでみたりもして▼子どもの頃、土曜日の放課後は無限大だった。ランドセルを捨てて走り出してから、暮れるまで続く歓声。忙しさを言い訳にして、いま、大人になった自分は毎日にどんな節目を意識出来ているのだろう▼気がつけば5月、折り返しももうすぐ。この立ち位置を思う。

鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

月刊ふあうすと 2013/5月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】雲のない空だ占い信じない   ばた

今月も川柳マガジンで選んでいただきました。 川柳って、面白いなぁと思うんですが、どうしてもそれを趣味とされている方の大半がご高齢になるので、難解な語句や抽象的な表現から意味を読み取らねばならないことが …

no image

【川柳】有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

今日も新しいお仕事のご相談、そして、新しい出会いもありました。 忙しいときに何かを頼まれると、つい(しんどいなぁ)と思ってしまいがち。だから、出来るだけいつも、「有り難いなぁ」という言葉を、ひとりごと …

no image

【川柳】整頓の過ぎて発覚するドラマ   ばた

前略 中略 後略。 いやな汗だねぇ、男ってやつは。 ===   【佳作】整頓の過ぎて発覚するドラマ     月刊川柳マガジン2007年10月号     川柳道(「部屋」雫石 隆子選)

no image

【川柳】青春の火種に息を吹き掛ける   ばた

今月の川柳マガジンでは2つ選んで頂きました。 大人になっても、いくつになっても、まるで少年の頃のようにびびっと何かを感じて、心が熱くなる瞬間があります。 既成概念に捉われず、いつも、行動に情熱の伴う、 …

no image

【川柳】遺伝子を叩き直しているチャペル   ばた

魂を浄化させて。 今までの自分ではない、自分の中の流れを祈る。きっと虫のいい話なんでしょうが。 それだけの決意をもって、臨むもの。 きみと、ここからの、ぼくらの道は。 ===   【掲載】遺伝子を叩き …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly