川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

投稿日:

新緑が目に染みて、気の満ちた空。それが追い風か逆風なのか気にせぬまま、鯉は上手に身体を翻らせて空を泳ぐ。立ち位置次第で冷たくも温かくもなる風、時々は休んでみたりもして▼子どもの頃、土曜日の放課後は無限大だった。ランドセルを捨てて走り出してから、暮れるまで続く歓声。忙しさを言い訳にして、いま、大人になった自分は毎日にどんな節目を意識出来ているのだろう▼気がつけば5月、折り返しももうすぐ。この立ち位置を思う。

鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

月刊ふあうすと 2013/5月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】愛娘 防虫剤が効きすぎて   ばた

変な虫が付かないようにと、なんとか、かんとか、計画通り。そしてやってくる、賞味期限。 あーあ、こんなはずじゃなかった。 どうしたって大人は、高望みをしちゃうのか。 あーあ、こんな、こんな、こんなはずじ …

no image

【川柳】戦争は何チャンネルでしてますか   ばた

安っぽいドラマだ、今日も赤い血を流して。ありきたりのシナリオめ、明日も涙を止めさせぬ。 当たり前の景色だな、もう、誰も、見飽きたというのに。 ===   【掲載】戦争は何チャンネルでしてますか     …

no image

【川柳】そのナイフ林檎を剥いてみてごらん   ばた

強がりの顔をして、優しさを隠してばかり。 ありのままでいいのに。本当のまんまで、いいのに。 心に触れる、君の温度を。 与えてごらん、きっと、氷は湖の広さに。 ===   【特選】そのナイフ林檎を剥いて …

no image

【川柳】コロッケの厚みで母は母である   ばた

見覚えのある形へと、変化していく様子。やがてこんがりときつね色。 その温もりは、きっと、どんな家にもあったに違いない。 母は、母で。当たり前の顔をして、白いご飯を僕に添えてくれた。 食卓にある、いつも …

no image

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly