川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ブログで発信をすることの副作用。

投稿日:

好きに書くだけの日記には生じない懸念。

発信という書く作業には、継続するためのモチベーションという問題がある。そして、そのモチベーションを高める仮説は、実験のなかで、経験という確かな手応えになりつつある。

一方で、その副作用のようなものも見えてきたような気がする。反論、距離感、炎上。それらに対する耐性やスルー力を、はたして、ひとにどのようにアドバイスをしていくことができるのだろうか。

際立つときに伴う副作用。今日のコトバノに仕掛けてみたことに、予想通りの反発を得た。結果としてそれで数字はあがる。自分はそれが平気でも「気にしないことですよ」のひとことで、自分のお客さんたちの心を軽くすることが出来るわけはない。

そこは「対話」という言葉にヒントがあるように思う。もう少しだけ、この副作用に向き合ってみて、僕は、それぞれの発信するを本格的にサポートしていく事業に取り組んでみたいと考えている。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

原色を忘れて。

原色に遠い、雨に霞む明石海峡大橋。 差さないままの傘を持ってジョギングをしている人がいた。そうか、降り出せばウォーキングに切り替えたらいいのだと気付く。 言い訳は、道を隠してしまうね。

二丁目。

蛍をみにきました。

愛犬の御墓参りの帰り。 写真では真っ暗ですが、じつはホタルがたくさーん光っています。

川柳を選ぶ立場になりました。

いつも送っていただく、川柳文学コロキュウム誌。 女流作家、赤松ますみさんが主宰される大阪の川柳グループ。詩性に優れた、心に触れるような川柳が多いのが特長。 新しく川柳を始められる方にオススメかもしれま …

no image

感性と論理、想像と創造 ~楽器の音色で反応が変わる不思議

言葉でまとめきるよりも先に、感覚を感覚のままに吐き出して伝えていく。最近そんな打ち合わせが続いていて、新しい領域のような、初心に戻ったようなココロを抱くことができて楽しい。 — 西端康孝 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly