川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

投稿日:

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない
小島ゆかり
純白光 短歌日記2012

忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶があるのだと理解できるようになったはつい最近のこと。以来、それをひとの能力だと思い込んではいけないと考えるようになったし、以前、そんな風に決めつけてしまった人たちのことを心から申し訳なく思う。

「あれこれそれ」という言葉が増えてきているのは自覚していて、前にも増してメモの重要性を自覚している。ところが、そのメモの所在がわからなくなってしまったり、どのメモに書いたのかをうっかり忘れてしまうこともある。ようやく探し当てたメモが、まるで宇宙と交信したような内容になっていたとき、僕はしばらくプラネタリウムを漂うしかなかった。

覚える、覚えておくという行為が、年々辛くなる。「方法の問題だよ」と言われても、脳に繋がる信号の何処かが欠損しているのではないかと不安になったりもする。明らかに前と違うのは、一時的な何かなのかどうか。

Google

Google

-短歌鑑賞

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており/小島なお

降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており 小島なお サリンジャーは死んでしまった クロージングやデート。 自分の話にだけ集中させるときは、自分が壁側の席に座って、相手には自分と壁だけが …

[短歌鑑賞]ならべるとひどいことばにみえてくる頑張れ笑え負けるな生きろ/岡野大嗣

Amazonでサイレンと犀を購入すると、特典に安福望さんのポストカードがついてきた。安福望さんはこの本の装画と挿し絵を描いている方で、神戸の西の方、多分きっと明石に近いところに住んでいると思われる。 …

no image

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり 松村正直(blog) 午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書) 空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビー …

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

no image

穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人?

「短歌で自己表現をしたい」「短歌がもっと上手になりたい」と思う人には最適な教科書であるのは勿論、穂村弘さんならではの文体が読み物としても面白い。それがはじめての短歌。いろんな人に穂村さんの魅力を知って …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly