川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

中小企業円滑化法期限到来後の銀行対策と付加価値のプレゼンテーションについて

投稿日:

仕事始め。

お手伝いしている経営者の方々の話を聞いていると、銀行は銀行のペースに持ち込もうとしているような印象を受ける。経営計画などを自分たちのフォーマットに記入させて、評点を下げていく。結果、貸し剥がしの行いやすい言い分を作っているのではないか。事前にちゃんとした事業計画の有無について問われているようなので、銀行のペースに持ち込まれる前に自分たちの計画書を作っておくことが肝要であるように思われる。中小企業金融円滑化法の期限はすでに到来していて、これまでと同じ温さが続くとは思えず、借り入れとリスケを前提としたキャッシュフローになっている場合は銀行に対する迂闊な態度が命取りになりかねない。

中小企業円滑化法によって、元金や利息の支払いを免れる企業が増えた。結果、本来利息に充てるべきを考慮せず価格競争が激化して、デフレの進行したこともまた、見逃してはならない事実だと思う。今後締め付けが厳しくなれば、体力勝負を仕掛けていた企業は淘汰され、市場に出回る商品やサービスの価格も上昇する。同じ時期に増税もあって消費心理が落ち込むのだとすれば、ここからは商品とサービスの本質的な価値を提供するのは当然のこと、その付加価値と、付加価値のプレゼンテーション能力は重要になってくるだろう。

発信の術を持つことは重要だが、発信が「売り込み」になってしまってはならない。あくまで、そこにあるべきは対話と交流であって、交流を円滑にするために必要なことは「質問力(聞く力)」であると考えている。

従って、売上や利益率を向上させるためには営業力の資質が問われるものであり、その資質とはお客さまのニーズを聞き取る力である。そのトレーニングをOJTで行っているというストーリーを軸に事業計画を立てることを取引先の方々と一緒に取り組んでいるが、さて、この先、どんな色の春を迎えることができるだろう。

Google

Google

-業務日記
-,

執筆者:

関連記事

no image

野菜炒めと白いケーキと神戸の販促と 〜商売人であればこそ

野菜炒めの住宅街を抜けて、次の約束へ急ぐ。 会社をやり始めて間もない頃は色んなことを考えた。「お客さんから自分の名前で呼ばれるようになろう」「お客さんのところでお茶菓子を出してもらえるようになると楽し …

no image

「頑張っている」をアピールするのが発信ではない、伝えたいことを相手の価値に変換することが発信なのです

コトバノをSSL化してみた。 簡単にいえば、情報のやりとりを暗号化してしまうので機密が守られますよーという技術のこと。SSLに対応していないサイトはこれから、検索結果でも不利な取り扱いがされることにな …

ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと!

ブロガー名刺、始めました、始めちゃいます。 送料だの消費税だの面倒なのは嫌いなので、1,000円ジャストで。 会社の知名度をあげるための、話題作りの一環として(※2014/4/1以降、消費税は外税とさ …

ミスは叱らない、約束は破ったら怒る

誰もいないと思って熱唱していると、テトラポッドの陰で釣り人が聞いてくれている夜の大蔵海岸。 「ミスは叱らない、約束を破ったら怒る」- 小さくても組織。リーダーとして、いつもその線は意識し続けている。も …

no image

成功しやすい女性起業家の人物像

起業そのものは簡単なことで、誰にだって出来る。 難しいのは信用を得て収入を得ていく、雇用する、法人格を取って更に信用を高めて会社を存続安定させていくこと。起業を語る人は多くても、企業を語る人になると減 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly