川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書 雑記

ペットロスとは ~犬を飼いたい人へ、猫を飼いたい人へ

投稿日:

まんぷく遊々記という漫画がある。

webで紹介されていた漫画が書籍になったもの。どんな漫画・内容であるかは、実際に作者の方のブログでご覧いただければと思う。

まんぷく遊々記

こちらのブログのなかで描かれている「ペン太」という猫は、もう、この世にはいない。

桜にとても怯えていたペン太、家人が留守の間はご飯を食べようともしなかった。
ペンをくわえてくると褒められたペン太、だから、たくさんペンを運んできた。
布団に入って寝ることはなかったペン太が、死期を悟って布団に潜ってきた。

とても可愛くて愛されていた様子が、一話一話、一コマ一コマからよく伝わってくる。

犬を飼いたい人、猫を飼いたい人、動物を家に迎え入れようとしている人がこの漫画を事前に読んでおけば、それなりに考えるきっかけにはなるのではないかと思った。もちろん、いまこの瞬間、犬や猫が家族にいる人たちに読んでもらうことができれば、毎日のひとつひとつの瞬間がかけがえのないとても愛おしい時間であることを再認識してもらえると思う。

多くを語るより、実際に読んで、動物に向ける、動物から与えられる絆と愛情を感じ取ってほしいと願う。

まんぷく遊々記 ペン太のこと1

まんぷく遊々記 ペン太のこと2

まんぷく遊々記 ペン太のこと3

まんぷく遊々記 ペン太のこと4

まんぷく遊々記 ペン太のこと5

まんぷく遊々記 ペン太のこと6

まんぷく遊々記 ペン太のこと7

まんぷく遊々記 ペン太のこと8

まんぷく遊々記 ペン太のこと9

まんぷく遊々記 ペン太のこと10

まんぷく遊々記 ペン太のこと11

まんぷく遊々記 ペン太のこと12

まんぷく遊々記 ペン太のこと13

13話、読み終えるのに10分もかからないと思う。時系列で読みやすいように、それぞれのリンクを張る形で紹介させていただいた。

犬が好きで、大好きで、でも、飼っていたという過去形でしか語ることのできなくなってしまった。いつか線を越えたら、たとえ許してもらえなかったとしても、まずはたくさん謝るのだろうな、と思う。そして、たくさん感謝を伝えるだろう。ペットロスの傷は深くて、今でも毎日思い出しては、泣いたように笑ってしまう。だからこそ、この漫画で描かれていることは染みるし、伝えたいと思った。

犬を飼いたい、猫を飼いたい、動物を飼いたい、すべての人に届きますように。

Google

Google

-読書, 雑記
-,

執筆者:

関連記事

no image

夜と朝を分ける頃の静寂の街で耳を澄ませば

夜と朝を分ける頃の静寂の街で耳を澄ませば、漁船たちのゴーという音、新聞配達のスタンコトンという音があって、重なるように父や母の寝息の音がしていたことを思い出します。五感の何かは遠い記憶へと繋がって、時 …

no image

三十肩(じゃないけど、ってあるんだろうか)。

朝から入力、原稿書き、調べ物。 以前にも入力の連続で指を痛めたことがあったけれど、今回は胸のあたりから、肩、肘にかけて痛むようになってしまった。 ここ2週間ほど連日画面と睨めっこ。多少のマッサージじゃ …

愛犬に見つかった悪性リンパ腫。

母からの電話、踏み込むアクセル。節々が腫れた愛犬ジュニア。夜中でも診察していただける先生のところに急ぐ。 一目で悪性リンパ腫の疑いを指摘される。詳細は病理検査にて確定。細菌性の病気の可能性もまだ排除出 …

ケータイ電話よりも小さな新種のスイカ。

嘘。 庭で育てていたスイカ。今年は日照不足で、おおきくなりませんでした。

血の池バスクリン。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly