川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる/笹井宏之

投稿日:

たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる
笹井宏之
えーえんとくちから

理論は統計で、統計は感情や思惑の積み上げに過ぎない。だから結局、直感や感覚と呼ばれるようなもので最短距離を選べる人は、間違ってはいなくて、羨ましがられて、すこし、妬まれることになる。ひとは、自分にないものをとても欲しがるものだから。

こんなことを考えているのだろうな、という想像で繋がれたら、優しくなりあえる。世界は広がって、春の優しさに膨らんで。

寒い日だから、温かい歌を読んでみたくなった。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。 夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色 …

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている 大森静佳(twitter) 歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書) 第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会 …

[短歌鑑賞]母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように/岡野大嗣

母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように 岡野大嗣(twitter/blog「第2ファスナー」) サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16) 「最近の親は子どもにこんな変わった名前をつけるん …

no image

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり 松村正直(blog) 午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書) 空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビー …

no image

[短歌鑑賞]降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており/小島なお

降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており 小島なお サリンジャーは死んでしまった クロージングやデート。 自分の話にだけ集中させるときは、自分が壁側の席に座って、相手には自分と壁だけが …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly